TOP画像
  1.  >  > 

ロングライド向けおすすめサドル

ISM

自転車ロングライド永遠における永遠の課題・・・それはサドルとお尻です。

みなさんご周知のとおり、ロードバイクのサドルは往々にして硬いものが多いです。
私が初めてロードバイクに乗った時はサドルの硬さにビックリしました。

お尻割れる・・・!!!

ロングライドで問題となるお尻のトラブルには主に3種類あります。

  • 坐骨が痛い
  • 股がしびれる
  • 痔になる

坐骨が痛い

シッティングしている最中は基本的にサドルと坐骨が常に接触している状態になります。特にやせ形でお尻の肉が薄い人は坐骨が痛くなりがちです。

サドルのサイズが合っていなかったり、角ばったサドルを使っている場合は発症しやすくなります。 また、あまりにも柔らかすぎるサドルを使用している場合、その柔らかさに安心してしいまい、ついつい長時間座ったままになっていたり、段差でお尻を浮かせなかったりと、徐々にお尻へのダメージが蓄積していくことも原因となります。

股がしびれる

股のしびれはサドル座りっぱなりによる血流の悪化が原因であることが多いです。特にロングライドはダンシングよりも座りっぱなしの時間のほうが圧倒的に多いので、お尻~陰部への血管を圧迫してしまい、しびれが発生してしまいます。

一度しびれると、ちょっとした段差でも「あうっ・・・ん!!」となります。
続くと妙な快感がクセになるので要注意です。

痔になる

これもお尻への圧迫が原因です。サドルに座り続けることによって肛門への血流が阻害され、血栓ができやすく、痔を発症・または悪化させます。

痔

ロングライドで負担を減らせるサドルは?

ここから先は当サイトの痔対策でも書いた内容とほぼ同じになりますが、ロングライドにおいてもおすすめするサドル内容は同様です。

では、結局どのようなサドルがロングライドにとお尻と負担軽減に効果的になのでしょう。

ここで出てくるのが、サドルの中心に穴が開いてるやつ。SLRとSMPと呼ばれるサドルです。

肛門~陰部にかけて、直接サドルに触れる面積を少なくしているので、これは確かに真ん中(つまりお尻の*)への負担は軽減できます。

実際に股のしびれも軽減できるようになります。

ただし、それぞれちょっとデメリットもあります。
SLRサドルの水平位置がフラットです。その場合、前傾姿勢をとると、腰も一緒に前に出ます。その際、肛門-陰部ラインの前方に重心がかかり圧迫してしまうのです。

SMPは、後ろ側がはねるように反っていて、前方が下へ丸みを帯びて曲がっています。結局、先端はつながっているので、そこから肛門~陰部ラインに圧迫を受けることになります。

要するに血流が圧迫されてしまうのです。
それにより肛門への血流が阻害され、血栓ができやすく、痔を悪化させる原因になります。

ではどうすればよいのか??

SLR

ISMのサドルを使ってみる

そこで登場するのがこのISMというタイプのサドルです。
これは、他のサドルと違い先端が2つに分かれています。

この形状、実は特許を取っており、他のメーカーがこの形状を採用できないようになっています。それだけ自信があるってことですね。

この形状の何が凄いかというと、先端が2つに分かれていることにより陰部-肛門への血流圧迫が避けられることです!!

これはロングライドにおいてかなりのメリットです。

ISM

2006年にドイツ・ハンブルグ大学にて泌尿器科のフランク・ゾマー博士がISM ADAMOサドルのテストを行ったところ、血流量の低下がほぼ見られなかったという結果が出ているようです。

ゾマー博士は自転車のサドルが原因で起こる動脈閉鎖等の障害のエキスパートとして知られており、このサドルの実験は通常、被験者が15分間自転車に乗り、血流量の測定を行います。
ISMのサドルの場合、テストは12分で切り上げられました。なぜなら、このサドルは会陰部の血流量が100%のまま変化が見られなかったため、それ以上テストする必要が無いと判断されたからです。

他のメーカーのサドルによってはテスト開始から1分以内に血流量が5%まで下がる物もあったけど、ISMサドルのみせたテスト結果は、自転車のサドルではほぼ皆無に近い数字だったそうです。従来のサドルと比べ、血流量の低下によるしびれや、勃起不全等の障害が起りにくいサドルということです。

つまり痔にもイ○ポにもならない!!!!
これは頼もしい!!!

ISM商品のラインナップ

ISMにはいくつか製品ラインナップがあります。

それぞれランクが分かれており、悩みどころです。
その中でも、ロングライドに向いているサドルをピックアップしてみます。

また最安値で購入可能なサイトも調べましたので、それぞれ紹介してみます。
海外製品ということもあり、Amazonや楽天で購入するよりWiggleで購入したほうが圧倒的に安いです。
(サイクリングエクスプレスは品揃えがありませんでした。残念。)

↓おすすめ製品ラインナップはこちら↓

ISM - PS 1.1

PS1.1

245×135㎜ Ti 290g
ブラック/ホワイト
2016年にモデルチェンジされたISMの中では厚めのパッドを採用したサドル。クッション性は最も高いです。

Wiggleからの購入はこちら

次に安いのCRCからの購入でした。

ADAMO Racing

RACE

245×130㎜ Ti 290g
ブラック/ホワイト
チタンレール採用の最上級モデル。軽さと快適性のバランスを求めるならコレかな。

Wiggleからの購入はこちら

Wiggleで在庫切れの場合はCRCで取扱いがある可能性があります。

こちらの商品はAmazonと楽天では取扱いがありませんでした。

ADAMO Racing 2

RACE2

245×130㎜ Ti 290g
ブラック/ホワイト
上記ADAMO Racingのバージョン2。性能は上がったようですが、ぶっちゃけあんまり違いを感じられませんでした。結構高価なので、普通のADAMO Racingでも十分かも。
なお、こちらはWiggleでの取り扱いは無く、Amazonで購入可能でした。

Amazonでの白色購入はコチラ

また、楽天でも購入可能です。セール時期によっては楽天のほうが安いかもしれません。

※2015年モデルのため在庫切れの場合があります。

ADAMO Road

ROAD

245×135㎜ CrMo 310g
ブラック/ホワイト
Racingの次点の上級モデル。違いは重さ。Racingよりちょっと重いです。けど快適性は変わりません。

この商品は圧倒的にWiggleからの購入が安いです。

こちらもWiggleで在庫切れの場合はCRCで取扱いがある可能性があるのでどちらも要チェックです。

Amazon楽天からも一応購入は可能ですが、ちょっと割高ですね。

※2015年モデルのため在庫切れの場合があります。

ISM TOURING

TOURING

175×195㎜ SS 470g
ブラック
基本的に街乗り用のモデル。サドルの面積が広いため、様々なお尻位置に柔軟に対応できます。坐骨が痛い人にとってはこちらもいいかもしれません。
ただし、ちょっと重量もあり、サドルの形上、前傾姿勢はとりにくいので、レース等には不向きです。あくまでも競わないロングライド、シティサイクル向け。

この商品も圧倒的にWiggleからの購入がお得

です。

Amazon楽天からも一応購入は可能ですが、やはりちょっと高いですね。

ちなみに私はADAMO Roadのホワイトを購入しました。
なるほど、さすがに血流の良さを謳っているだけあって、お尻は快適です。

主観ですが、先端が空いているだけで股間部分への負担はかなり変わります。
適切なポジションを見つけた時の感動が凄まじいです。
そして金○と*への負担がない!開放感がハンパない~
ちょっとこれで私のお尻の具合を見てみようと思います。

痔よ、さらばだ!!!

2015/5/8追加記事

ロングライド向けサドルとして気になるサドルを新たに発見しました!!

この異次元な形をしたサドル・・・ただものではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ