TOP画像
  1.  >  > 

ミシュラン新グレードタイヤ「POWER(パワー)」シリーズとは何か?

実は2016年の1月に最初のニュースが発表された内容ですが、ロードバイクのタイヤ界には衝撃のミシュラン新リリース「ミシュラン POWER(パワー)」シリーズについてです。

このミシュランの新グレード「パワー」シリーズはこれまでミシュランの最高品位であったPro4シリーズよりさらに上位のグレードとして発表されました。当サイトでもミシュランPro4はおすすめタイヤとして掲載していますが、これは見逃すことができません。海外からの情報も含めたミシュランパワーシリーズの詳細を見ていきましょう。

power1

出典:http://www.michelin.com

ミシュランパワーシリーズは3種類

現在明確に発表されている中ではミシュランパワーシリーズは3種類に分かれています。

「コンペティション」「エンデュランス」「オールシーズン」です。今の所クリンチャーモデルのみの発表で、チューブラーとチューブレスの販売は無いようです。

power1

出典:http://www.michelin.com

コンペティション

現行のミシュランPro4サービスクルスやコンプに代わる上位グレードモデルがこのコンペティション。主にレース向けの仕様です。ミシュランの説明によると、従来のPro4サービスクルスより耐パンク性能は+10%、グリップ力は+35%。

そして転がり抵抗も大幅に改善しているようです。理論的にはライダー+バイク=70㎏の状態で平均時速35kmで距離40kmを走った場合にをパワー消費を10wセーブできるそうです。 分かり安く重量換算すると、約1.5kgの軽量化に相当し、ラルプ・デュエズで行われた2015年のタイムトライアル世界選手権では30秒のスプリントで約2.8mの差を生むことができる想定となっているようです。

power2

出典:http://www.michelin.com

何はともあれ、ミシュランパワーコンペティションはミシュランPro4サービスクルスの上位互換という位置を築くことになりそうです。Pro4サービスクルスよりTPIも大幅に上がり、よりなめらかな走行が期待できそうです。
トレッドパターンはなく、Pro4サービスクルスと同様にスリックタイヤ仕上げです。

ラインナップは2つ(全てクリンチャー)

タイヤサイズ23C
3×180TPI
重量:195g
カラー:ブラックのみ

タイヤサイズ25C
3×180TPI
重量:215g
カラー:ブラックのみ

2016/8/14インプレ記事追加

ミシュランPOWERコンペティションのインプレ記事を追加しました。
コチラ


エンデュランス

こちらのミシュランパワー エンデュランスはミシュランPro4エンデュランスの上位互換グレード。Pro4エンデュランスとくらべて耐パンク性能は20%向上したとのことです。

タイヤ表面薄く細いトレッドパターンが数本入っているデザインです。

ラインナップは3つ(全てクリンチャー)

タイヤサイズ23C
3×110TPI
重量:220g
カラー:ブラック、レッド、ブルー

タイヤサイズ25C
3×110TPI
重量:230g
カラー:ブラック、レッド、ブルー

タイヤサイズ28C
3×110TPI
重量:255g
カラー:ブラックのみ

オールシーズン

ウェット面でも安心して走れるタイヤ仕様。グリップ力がかなり高め。ミシュランPro4グリップの上位互換となります。コンチネンタルオールシーズンとライバル的存在となりそう。重量は全体的に重めです。

コチラもトレッドパターンあり。エンデュランスより側面のパターンが増えています。

ラインナップは3つ(全てクリンチャー)

タイヤサイズ23C
3×60TPI
重量:235g
カラー:ブラックのみ

タイヤサイズ25C
3×60TPI
重量:700g
カラー:ブラックのみ

タイヤサイズ28C
3×60TPI
重量:295g
カラー:ブラックのみ

ミシュランパワーのパッケージデザイン

パッケージでデザインは昨年2015年にマイナーチェンジされたPro4のパッケージデザインを踏襲しているようです。ビバンダム君が全面に出ている明るめのパッケージデザインです。

power2

出典:http://www.michelin.com

もう少しシックなパッケージがよかったなぁ・・・。

今後のミシュランタイヤの行方

今後のロードバイクタイヤに一大旋風を巻き起こすことになるかもしれないミシュランパワーシリーズ。私もこれまでミシュランPro4は愛用してきたの、Pro4の上位互換となれば試さずにはいられません。

この3つのラインナップであれば多くの方はコンペティション一択となるでしょう。私も最初はコンペティションを試すことになるかと思います。 まだ日本での明確な発売時期や販売価格は発表されていませんが、ミシュランによると欧州での発売開始は2016年4月1日で、価格は42~45ユーロとなるそうです。日本では店舗価格で1本5000~6000円前後での販売となりそうですね。
早く手にするのが楽しみで仕方ありません!!

そして型落ちとなったミシュランPro4は更に安くなると思うのでWiggleでの値下げが楽しみです(笑

2016年7月Wiggleで取扱い開始

2016年7月上旬、海外通販のWiggleでミシュラン POWERシリーズの販売が開始されました!!さすがのwiggle!国内で買うよりかなり安いです。
Wiggleの販売ページはコチラから

2016/8/14インプレ記事追加

ミシュランPOWERコンペティションのインプレ記事を追加しました。
コチラ


このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ