TOP画像
  1.  >  > 

CRCでイーストンEC90 Aero 55が13万円台

海外通販サイトのCRC(Chain Reaction Cycles)にて2016年9月で最も売れたホイールはEaston EC90 Aero 55だったという報告をCRCの担当者より頂きました。それもそのはず、何とこのイーストン最高峰のホイールEC90 Aero 55前後セットが58%オフの13万円台で購入できるからです。定価約31万円のホイールが13万円です。そりゃ売れるわ。

easton01

出典:http://www.chainreactioncycles.com/

ではこのEaston EC90 Aero 55とはどういうホイールかちょっと詳しくみてみましょう。

EC90の意味は?

イーストンの商品名には規則性があります。

EA=アルミ、EC=カーボン、二桁の数値が商品グレードです。グレードは上から順にEC100→EC90→EC80→EC70となります。最も高いグレードはEC100でしたが、CRCや他の通販サイトでも中々取扱いがありません。

EC90はSLとAero 55がありますが、違いは主にリムハイトです。Aero 55はその名の通り55mmリムハイト。SLは38mmです。

easton03

出典:http://www.chainreactioncycles.com/

CRCのイーストンは2014年製

どうやらCRCで特価販売されているEaston EC90 Aero 55は2014年モデルのようです。現在はマイナーチェンジとして2016年モデルが出ているので、一つ後発モデルとなります。 ちなみにチューブレスとクリンチャー両方対応モデルです。

2016年モデルのラインナップもありましたが、コチラのクリンチャーモデルは割引なしの通常価格です。(2016年モデルはコチラから)

easton02

出典:http://www.chainreactioncycles.com/

2014年のイーストンホイールといえば、ちょうどフルモデルチェンジが行われた時期にあたります。最も大きな改修が行われたのはハブの部分でしょう。 CRCにある2014年モデルからはイーストンが新たに設計した「Echoハブ」が採用されています。旧モデルから剛性が大きくアップしているとか。

easton04

出典:https://www.eastoncycling.com/products/details/ec90-aero55-wheels

↓旧ハブと現行Echoハブの断面比較図です。

easton05

出典:https://www.eastoncycling.com/products/details/ec90-aero55-wheels

上がEchoハブ。ベアリング間の幅をより広くする事でホイール剛性を上げることを目的としています。

ベアリングはセラミックではなくスチール製。実は前身モデルのイーストンのベアリングはセラミック製でした。しかし耐久性を重視する目的のため従来のセラミックボールからスチールボールに戻したそうです。

↓Echoハブの紹介動画↓

リムと風洞実験

イーストンは風洞実験によるエアロダイナミズムの研究にもかなり力を入れています。リム幅は何と従来モデルより4mm拡張されリムの内径は19mm。外径は28mmとワイド化されています。同カテゴリーの他社製品に対し、40km TT で最大14秒のアドバンテージ生み出すことに成功しているとのこと。(イーストン談)

風洞実験の映像はコチラ↓

やっぱ安いわ

2014年モデルにしろEaston EC90 Aero 55の前後セットが13万円台は爆安です。

easton07

出典:https://www.eastoncycling.com/products/details/ec90-aero55-wheels

同じモデルでもAmazon では18万円くらい。楽天に至ってはセットだと22万円台~30万超えです。ちなみにWiggleでは2016年9月現在取扱いがありませんでした。他のイーストンラインナップはEAシリーズのみありました。(コチラ)

イーストンのホイールは国内レースではあまり露出頻度が少なく、インプレ記事も少ないです。(私も13万円のうちに買ってちゃんとしたインプレ書いてみようかと)
ただ元々の定価は30万円以上する上級ホイールです。いぶし銀なカーボンディープリムを探している方にはこの13万円 Easton EC90 Aero 55は魅力的だと思います。
コレは買いですね。

※この割引がいつまでかは分かりません

CRCのEaston EC90 Aero 55はコチラから

このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ