TOP画像
  1.  >  > 

ミノウラ ハイブリッドローラーFG220・FG540とFeedback Sportsどっちがおすすめ?

ロードバイク用のローラー(トレーナー)で最近注目を浴びているのが、皆さんご存知ハイブリッドローラーです。フロントフォークは固定され、後輪は実走感のある2本のローラーを使用しているものです。固定ローラーと3本ローラーのいいとこ取りをしたハイブリッドローラー。タイヤ屑が出にくいのも嬉しいですね。

hybrid02

ハイブリッドローラーの代表各はミノウラとオムニウムでしょう。

今回はその中でも私が実際に試した事のあるミノウラのハイブリッドローラー「ミノウラ FG220」「ミノウラ FG540」とFeedback Sportsが提供する「Omunium(オムニウム) Portable Trainer」を見ていきましょう。似たようなハイブリッドローラーですが、おすすめはどちら?

ミノウラFG220とFG540の機能比較

基本的にはミノウラ FG540の方がハイエンドモデルとなります。ミノウラ FG220はもう少しお手頃なトレーラー。どちらも前輪固定式のハイブリッドローラーですが、主な違いは次の3つでしょう。

↓FG220↓

hybrid03

↓FG540↓

hybrid02
  • 負荷調整機能
  • 傾斜調整機能の有無
  • コンパクトさ
  • 値段

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

負荷調整機能

ミノウラFG220は負荷調整を手動で切り替えます。ON・OFFの2パターンしかありません。ON設は時速40kmで240Wと軽めの設定で、ウォーミングアップやクールダウン、またフィットネスとしての使用に適しています。

それに対し、FG540はマグネット式磁気抵抗器を使用した7段階の負荷調整が可能です。500W~1000Wくらいまでの高負荷にも対応しています。幅広いトレーニングが可能です。

hybrid04

傾斜調整機能の有無

ミノウラFG220はフロントフォークの傾斜調整機能はついていません。水平固定のみ。

それに対しFG540は傾斜を5段階に分けて調整可能です。(0%・3%・5%・8%・10%)

FG540であればヒルクライム向けの坂道トレーニングも実践可能。やはりより実戦的なトレーニングパターンを行いたい方にはFG540がおすすめ。

コンパクトさ

コンパクトさと携行性は圧倒的にFG220の勝利でしょう。

どちらも折り畳んで持ち運ぶことができますが、FG540はフロントフォークとローラー部分を分解する必要があります。

それに対してFG220はフロントも一緒にそのまま折り畳んでコンパクトに持ち運ぶことが可能です。

↓左がFG220。右がFG540↓

hybrid08

出展:http://www.minoura.jp/japan/trainer/hybridroller/

重量もFG220の方が全然軽い。
FG220:6.1Kg
FG540:10.1Kg

まぁ仕様を考えるとこれくらいの差は当然かもしれません。

値段

当然価格帯も大きく異なります。

ミノウラFG220は定価39,000円(通販サイトによって異なる)

ミノウラFG540は定価51,500円。ただし、FG540はAmazonなどであれば結構割引が効いており、4万円台前半で手に入ることがほとんどです。そう考えると、FG220とFG540の価格差は6,000円程度なので、機能が充実しているFG540の方が買いかもしれません。

ちなみにミノウラFG220には公式のスタートガイドがYoutubeにアップされています。気になる方は購入前にこちらをチェック。


FG540のほうはシクロワイアードから動画が上がっていました。こちらも分かり安いです。

Feedback Sports Omunium Portable Trainer

さて、ミノウラFG220とFG540の対抗馬となるのがFeedback Sportsから出ている「Feedback Sports Omunium Portable Trainer」です。

このローラー部分は、ポータブルローラーの先駆者であるSPORTCRAFTERS(オムニウム)が開発しています。オムニウムは元々ハイブリッドローラーの先駆者でもあます。

hybrid05

負荷調整機能

マグネット式の自動負荷装置採用。ローラーの回転数が上昇するほど負荷が強くなるというもので、実走行に近い感覚でトレーニングが可能です。

傾斜調整機能の有無

なし

コンパクトさ

コンパクトさはミノウラFG220に近いものがあり、携行性は高い。分解することなく折りたたみが可能です。重量も6.1Kgなので軽いでしょう。専用バッグに収納可能で、持ち運びも便利。

hybrid07 hybrid06

値段

定価は55,000円とやや高め。傾斜機能と手動負荷調整がついていないので、機能的にみるとミノウラFG540よりやや割高感があります。

ハイブリッドローラー性能まとめ

ミノウラFG220・FG540とFeedback Sports Omunium Portable Trainerの機能を一覧でまとめるとこんな感じです。

hybrid01

結局どのハイブリッドローラーがおすすめなのか?

実際に使用してみると、機能性と実走感はミノウラ FG540 が圧倒的です。機能面の充実を図るのであればミノウラ FG540でしょう。

価格はミノウラ FG220と比べると少し高めですが、Amazonなどでは結構割引されているので、あまり価格差を感じる事はないかと思います。

唯一、コンパクトさではFG220に分があるので、レース会場でのウォームアップを主な目的にする方はミノウラ FG220の方がおすすめかもしれません。自宅でのトレーニングをメインで使用するのであれば間違いなくミノウラ FG540一択。

Feedback Sports Omunium Portable Trainer は正直あまり魅力を感じることはありませんでした・・・。コンパクトさを求めるのであればミノウラFG220で事足りるし、機能性はFG540のほうが上だし・・・。もう少し値段が安ければFeedback Sports Omunium Portable Trainerもよい候補になるんですけどね。。残念。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ