TOP画像
  1.  >  > 

個人的コンビニ系チョコ味補給食バー比較ランキング

ロードバイクに乗ってコンビニで補給食を補充する時、皆さんはどのようなものを買っているでしょうか?

コンビニ補給バー比較02

私はパンだったり、エネルギーゼリーだったり、エネルギーバーだったり色々なのですが、相対的にチョコ味系のエネルギーバーが多い気がします。

「補給食にはヨウカンだろ!」「吸収効率悪いし・・・」という意見も出そうですが、今回は「コンビニで手に入りやすいチョコ系補給バー」の個人的な比較ランキングをまとめたいと思います。

今回比較するのはセブンイレブンやローソンでも気軽に手に入る次の5つのラインナップ

  • ウィダー in バー プロテイン ベイクドチョコ
  • ウィダー in バー プロテイン バニラ
  • ソイジョイ アーモンド&チョコレート
  • 1本満足バー シリアルブラック
  • カロリーメイト チョコレート味

これを比べるため、一気に買いあさりました。カロリー凄い。

コンビニ補給バー比較14

ウィダー in プロテイン バニラだけ後で買い足したため、集合写真には載ってない・・・。

各補給バーの成分比較とか

ひとまずそれぞれのパッケージ上の表示成分を表にまとめました。

↓クリックで拡大可↓

コンビニ補給バー成分比較表

個別の感想

それでは、それぞれの補給バーについて個別の雑感をば。

ウィダー in バー プロテイン ベイクドチョコ

まず、美味しい。オヤツとしてもイケる。

コンビニ補給バー比較04 コンビニ補給バー比較07

↑断面↑

ややネットリ感があるので、乾いた口に入れると、歯の裏や口の中にチョコがへばり付く感覚があります。

タンパク質の含有量は1本あたり10g。
私はトレーニング後は別途プロテインを飲んでいるので、正直このタンパク質はあっても無くてもいいかもしれない。

ちょっとトレーニングがてらタンパク質を取りたいなぁって人にはちょうどよいかもしれない。

ちなみに厚生労働省が示す一日の推奨タンパク質としては、一般的な成人男性の場合は50g~60gとなっています。トレーニングを行うアスリートな人は100g以上はとっても良いです。

添加物としてショートニングや膨張剤が入っているのがちょっと気になるところです。



ウィダー in バー プロテイン バニラ

今までバニラは食わず嫌いでしたが、食べてみてビックリ。めっちゃウマいやん

コンビニ補給バー比較12 コンビニ補給バー比較13

↑断面↑

バニラっぽいバニラ味はせず、ウエハース部分のココア味と絶妙なハーモニーを奏でます。ベイクドチョコより個人的に好み。

食べやすさは、ベイクドチョコよりネットリ感は少なく、個人的にはこちらのバニラの方が食べやすいです。

タンパク質などの成分は大体同じですが、カロリーは188kcalなので、こちらの方が高め。エネルギーが欲しい場合にはこちらの方がよいかも。

ベイクドチョコと同じくプロテインを取っている人にとってはタンパク質は気休めです。



ソイジョイ アーモンド&チョコレート

食べやすさは一番かもしれません。味も上の中くらい。

コンビニ補給バー比較03 コンビニ補給バー比較10

↑断面↑

ただ、ご存じの方も多いかもしれませんが、ソイジョイはトレーニング中の補給食としては不向きな面があります。

それは成分にある「難消化性デキストリン 」の影響。難消化デキストリンとは、トクホ製品に代表される「消化されにくいデンプン」のようなものです。要は糖と脂肪の吸収スピードを遅らせて、腹持ちも良くするための成分。

もともとソイジョイはダイエット食品としての位置づけです。それ故、消化とエネルギー吸収スピードが非常遅いのです。

急いでエネルギーが欲しい場合にはあまり向いている食品ではありません。

あまり激しいトレーニングではなく、ゆったりポタリングなんかの場合には良いかも。
糖の吸収スピードが遅いお陰で、急激に血糖値が上がることを防いでくれます。急激に血糖値が上がると、インスリンが分泌され、すぐに低血糖に陥ってしまうため、結果的に運動機能の低下につながるため、実は運動時にチョコレートなどの単糖類を摂取しすぎるのは良くありません。でもソイジョイならその心配も少なくはなります。

ポタリングの1時間前とかに食べることでうまく調整できれば良い食品かもしれません。

ダイエット目的、またはゆるポタする人には合ってるのかな。



1本満足バー シリアルブラック

コンビニ補給バー比較05 コンビニ補給バー比較08

↑断面↑

ザ・チョコレートという感じ。まぁ美味しいけど。

チョコの割合が高く、単糖類を多く摂取してしまうので、あまりおすすめできないかも。

また、食物繊維も豊富なため、この食品もどちらかというと「腹持ちの良さ」を目的としたチョコバー。吸収効率はあまりよくないと思います。 人工甘味料も多く使われているっぽいので、ちょっとマイナス。

キャッチフレーズも「夕方からの頑張りに!」とあるように、飯食ってる場合じゃない残業必至の忙しいサラリーマンにはもってこいの食品かもしれません。正直、スポーツにはちょっと・・・。

まぁ、チョコっぽさは一番ある。



カロリーメイト チョコレート味

言わずと知れたボソボソ感。口が乾いている時の食べにくさはNo.1です。。。

コンビニ補給バー比較06 コンビニ補給バー比較09

↑断面↑

ただ、カロリーは一番高いです。他の栄養素(成分表示上)も、ソイジョイや他のバーに比べても豊富。

食物繊維を1g含んでいるため、やや吸収速度は遅いかもしれませんが、ゆっくり休憩しながらのドリンクと一緒に食べる分にはちょうどよいかもしれません。

ソイジョイと同じ大塚製薬から出ているカロリーメイトですが、こちらの方がどちらかというとスポーツ向けなのです実は。

サイクリストに個人的におすすめしたいチョコ系補給食は?

「成分」「食べやすさ」「美味しさ」「コスパ」の観点から結論を言うと、個人的には次の順で個おすすめです。


と、いう事で、ウィダー in バー プロテイン バニラが1位です。

コンビニ補給バー比較15

正直3位以下はどっこいどっこいです。。。あと味は好みの問題でもあるので、異論はあるかと思います。

当然、今回比較した補給食よりロードバイクのトレーニングに適した食品は沢山あるでしょう。今回はコンビニで手に入るチョコ系の補給食バーに絞ってみました。

しかし、これだけは言えます。今まで「バニラはちょっと・・・」という方には是非ウィダー in バー プロテイン バニラを試してほしいです。予想以上にいけますよホント。

サイクル中にチョコ味が欲しくなった際は、しばらくウィダー in バー プロテイン バニラに絞ってみようと思います。

皆さんもお試しあれ。

コンビニだと1本ずつしか売ってないですが、Amazon とかだと箱買いできます。(笑)
食べ過ぎには注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ