TOP画像
  1.  >  > 

グリップ最高バーテープ:リザードスキン1.8mmインプレ

ハンドルを3T AERONOVA LTDに交換したのと併せて、バーテープも新調しました。グリップ感が最高のバーテープ「リザードスキン(Lizard Skins)」1.8mmです。

リザードスキンに関しては当サイトでもコチラの記事で詳細を書いていますが、改めてインプレを行います。

リザードスキン1

なお、3T AERONOVA LTDのインプレはコチラの記事から。

リザードスキンの特徴はハイグリップ

以前の記事にも書きましたが、リザードスキンの最大の特徴は他のバーテープに類を見ないほどのハイグリップ。一度掴んだらズレることはそうそうありません。

リザードスキン2

使用されている素材はDSP(DuraSoft Polymer)というゴムのように粘り強くグリップする素材です。このグリップ感を覚えてしまうと「スルスル系」のバーテープには戻れないかも・・・。

3種類の厚さからどれを選ぶか?

リザードスキンにはバーテープの厚さが3種類あります。

  • 1.8mm
  • 2.5mm
  • 3.2mm

です。

以前私は2.5mmを使っていた事があったのですが、今回は1.8mmを選択しました。

なぜか?

よりダイレクトなグリップ感を味わいたかったからです。

また、今回、ハンドルを3TのエアロハンドルAeronovaにしたことにより、上ハンを握ることが無くなりました。バーテープを使用するのは下ハンを握った時のみ。つまり、よりハンドルにダイレクトにパワーを伝える(しっかり握る)必要があるのです。

リザードスキン5

2.5mmと3.2mmは厚すぎる

リザードスキンを使った事ある方は分かるかもしれませんが、以前使っていた2.5mmは結構厚いです。若干のブヨブヨ感もあります。ロングライド兼レース用という場合はよいかもしれませんが、2.5mmはレース向けやスプリント向けにはあまり向いているとは思えません。

クッション性が高すぎてハンドルを握る力が逃げてしまうからです。

まして一番厚い3.2mmは正直使うシーンあんまりないんじゃない?ってくらい厚いです。モコモコ過ぎて逆に握り辛いです。ハンドルの握り具合が全然別物になります。手の大きさにもよりますが、私のような標準サイズの手の平だと、3.2mmはロングライド仕様でもちょっと厚すぎるんじゃないって思うくらい。

下ハンを使ったスプリントなどをしない前提なら良いかもしれませんが、3.2mmはレースには全く向いてないと思います。

リザードスキン7

ってことで、今回交換したハンドルは下ハンメインで使うハンドルだったため、私はよりダイレクトに握れる一番薄手のリザードスキン1.8mmを選択しました。1.8mmでも十分すぎるくらいクッション性はあると思うけどね・・・。

付属のエンドテープとエンドキャップが残念

バーテープ自体は良いものの、付属のエンドテープとエンドキャップが個人的にやや残念だったので特記しておきます。

エンドテープの粘着力が弱い

リザードスキンはバーテープど同様の素材でできたエンドテープが付属しています。
※エンドテープ:バーテープの先端をとめるやつ
↓こいつ↓

リザードスキン9

しかし、このエンドテープの粘着力が弱い。

特に、私の場合3TのAeronovaなので、ハンドル途中の斜めになっている部分までしかバーテープを使用しません。この斜めになっている部分でエンドテープを使用するのですが、ハンドル自体が斜めになっている事と、エンドテープの長さが短いのと、粘着力が弱いという3要素が相まって、全く固定力がありません。

すぐ剥がれてしまいます。

結局、別で買ったビニールテープで止めるハメに・・・。

リザードスキン6

丸型のハンドルであれば問題ないかもしれませんが、エアロハンドルを使っている方は注意が必要です。

エンドキャップのデザインが・・・

これは完全に好みの問題なのですが、エンドキャップのデザインがちょっとイケてない・・・。

リザードスキン3

うーん、リザードスキンのロゴマーク自体は嫌いじゃないんだけど・・・。
なんだかなぁ。まぁ慣れの問題かもしれませんm(__)m

実際に握ってみたリザードスキン1.8mmインプレ

やっぱりいい。グリップ感最高。

下ハンを握った際に力の逃げ具合がほとんどなく、ズレもありません。

リザードスキン8

これまで使っていたスルスル系のバーテープより明らかに力を入れて握り安いです。やっぱ下ハンメインの場合やレース仕様の場合は1.8mmにして正解。

2.5mmの時とはまた全然違った感覚です。

1.8mmでも十分にクッション性はあるし、ハンドルを握るダイレクト感とグリップ力は最高だと思うので、リザードスキン1.8mmはおすすめです。

リザードスキン4

可能であれば今後もっとカラーバリエーションを増やしてほしい。

1.8mmよりも2.5mmが一番カラーバリエーションが多いのは、やっぱ中間の2.5mmが一番売れるからなんでしょうね。

私は今回から1.8mm推しになりました(笑)

リザードスキンの格安購入は?

最強のバーテープであるリザードスキンですが、他のバーテープと比べてやや高価なのがネックです。安い購入先を探すとやはり海外通販サイトのWiggleです。

1.8mmはコチラを参照

2.5mmはコチラを参照

3.2mmはコチラ

Wiggleでの購入は確かに安いですが、カラーバリエーションが少ないことと、7000円以上でなければ送料が無料にならない点です。

お気軽に買うならAmazon

海外通販サイトの利用が面倒な場合は、やはり国内でAmazonを利用した方が便利かもしれません。

まぁ何万円もするものではないので、どちらか便利のよい方で購入してもよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookページにいいね!で最新情報をGET

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ