トップ画像01
  1.  >  > 

次買うタイヤはコンチネンタル
グランプリ アタック&フォースⅢ(2017年モデル)

2017年3月現在、これまでしばらくBora Ultra 50(クリンチャー)にミシュランパワーコンペティションを使っていましたが、そろそろ新しいタイヤを試して比較しようと思います。 次のタイヤは・・・・

コンチネンタル グランプリ アタック&フォースⅢ(2017年モデル)!!
(Continental Grand Prix Attack & Force III for 2017)君に決めた!!

私のホイールがクリンチャーなので、必然的にクリンチャーとなります。

conti04

出典:http://www.continental-tires.com/

2017/4/15インプレ記事追加

コンチネンタルグランプリ アタック&フォースを購入したのでインプレ記事を追加しました。
コチラから

コンチネンタル グランプリ アタック&フォースとは?

コンチネンタルのクリンチャータイヤと言えばコンチネンタルグランプリ4000SⅡが使われてすぎていて、アタック&フォースを使っている人やインプレ記事をあまり見たことありませんが、コンチネンタル グランプリ アタック&フォースはもともとコンチネンタルの中でもフラッグシップモデルの決戦用クリンチャータイヤとしてラインナップに上がっていました。日本国内での流通量は少ないですね・・・。

そして2016年8月に発表されたのが、第三世代目としてモデルチェンジされたコンチネンタル グランプリ アタック&フォースⅢ(2017年モデル)なのです。

最大の特徴は前後非対称のタイヤ幅

コンチネンタル グランプリ アタック&フォースに共通している最大の特徴は、前後タイヤの幅が違う事です。

前輪が「アタック」、後輪が「フォース」と分かれています。

前身モデルのグランプリ アタック&フォースⅡは前輪(アタック)が22C、後輪(フォース)が24Cでした。そして今回のコンチネンタル グランプリ アタック&フォースⅢ(2017年モデル)は少し幅が増して、前輪(アタック)が23C、後輪(フォース)が25Cとなっています。

conti03

出典:http://www.continental-tires.com/

なぜ前後で幅が違うのか?

タイヤ幅について、前輪が細く、後輪太いというコンチネンタル独自の設計はどのようにして生まれたのでしょうか?

元々、細い前輪は操作や動きの機敏さや軽快さ、そしてエアロ性能を重視して細く作られ、後輪はグリップ力と快適さを重視するという狙いのもとで作られています。

2017年モデルの幅は意味ある?

前身モデルは前輪22C、後輪24Cということで、前輪がかなり細いタイヤでしたが、今回2017年モデルにおいては前輪23C、後輪25Cとなっています。これは明らかに昨今の自転車業界の主流になっている25Cワイドリム標準に合わせた変更です。

前輪23Cにしちゃうと、普通の23Cタイヤとあんまり変わらんイメージがあるのですが、果たしてこのグレードアップした前後非対称のタイヤサイズがどこまで影響を及ぼすのか楽しみです。

その他のスペック

上記以外のコンチネンタル グランプリ アタック&フォースⅢの特徴

  • 重量:前輪(アタック)190g / 後輪(フォース)210g
  • 330TPI
  • ドイツでハンドメイド
  • Black Chillコンパウンド
  • ナイロンシングルブレーカー内蔵で対パンク性能はグランプリ4000SⅡと同等(?)
  • トレッドパターンがリニューアル

第2世代モデルのトレッドパターンがコレ↓だったのですが、パターンは2017年モデルの方がシャープでカッコいいですね!

conti02

出典:http://www.continental-tires.com/

↓コッチが2017年モデル↓

conti01

出典:http://www.continental-tires.com/

どうやって比較する?

今使っているタイヤがミシュランパワーコンペティションの23Cなのですが、こいつを後輪だけ25Cに変更して比較しても面白いかもしれません。

コンチネンタル グランプリ アタック&フォースⅢ(2017年モデル)との比較対象

  • 前身モデルのコンチネンタル グランプリ アタック&フォースⅡ(前22C・後24C)
  • ミシュランパワーコンペティション(前後23C)
  • ミシュランパワーコンペティション(前23C・後ろ25C)

この3タイプと比較インプレしてみようかなぁ。

今の所、クリンチャータイヤでの転がり抵抗においては今使っているミシュランパワーコンペティションが最強だったので、そこにどれだけ食い込んでいけるかが楽しみです。 グリップはヴィットリアコルサの方がいいけどね!

Amazonに2017年モデルが平行輸入されていたのでポチってみることにします。(コチラ)

前身モデルの第2世代目モデルはコチラのWiggleChain Reaction Cyclesからも割引が効いてゲットできます。

2017/4/15インプレ記事追加

コンチネンタルグランプリ アタック&フォースを購入したのでインプレ記事を追加しました。
コチラから

このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookページにいいね!で最新情報をGET

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう! 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ