TOP画像
  1.  >  > 

レイノルズのカーボンホイール(ATTACK / ASSAULT / STRIKE)がリニューアル

reynolds03

出典:https://reynoldscycling.com

高いカーボンリム技術で評価されている人気のホイール「レイノルズ」のカーボンホイールが2017年6月に次年度モデルとしてモデルチェンジ発表されました。

どちらかというとマイナーチェンジですが、対象となるのは次の3シリーズ。

  • レイノルズ ATTACK(リムハイト29mm)
  • レイノルズ ASSAULT(リムハイト41mm)
  • レイノルズ STRIKE(リムハイト62mm)

それぞれリムブレーキモデルとディスクブレーキモデルがラインナップされるので、計6モデルでのモデルチェンジとなります。

主に変わった点としてはブレーキトラックの改善、ハブデザイン、ホイールグラフィックデザインの変更です。ちょっと詳しく見ていきましょう。

導入テクノロジー

まずはメーカーから出ている新たにこの3シリーズに導入された仕組みを見てみましょう。

PR3

リムには「PR3(パフォーマンスリム3)」と呼ばれるテクノロジーを採用しています。 リム成型時に大きく3つのパーツに分け、それぞれに最適なカーボン素材やレイアップを割り当てる構造です。これによりスポークの引っ張り強度や剛性、重量のバランスを最適化したリムを作り出しているそうです。

ちなみにもう1グレード高いRZRやAREOシリーズには「CR6(コンペティションリム6)」というシステムが用いられています。これは更に細かく6つのリム構成パーツに分かれているそうです。(今回のリニューアルは対象外)

SLG

以前はハイエンドのRZR46に採用されていた「SLG(スワール・リップ・ジェネレーター)」というテクノロジーが今回このシリーズにも適用されることになりました。

reynolds06

出典:https://reynoldscycling.com

これはスポークへッド近くに深さ0.9mmの溝を作ることで、スポーク周りで絡まっていた気流を切るように後ろへスムーズに流し、効果的に気流抵抗を抑える役割があるそう。

クライオブルー

リムブレーキモデルには特製樹脂によりブレーキング時の熱を放散する「CTgブレーキテクノロジー」も継続導入され、同社の「クライオ・ブルー」ブレーキパッドを使用することで摩擦熱を38℃下げることが出来るらしい。

reynolds04

出典:https://reynoldscycling.com

と、まぁこの辺は新製品発表時に「よくある」ふれこみです。

○○が○%向上!

といった解説は、実際に試してみないことには何とも言えないし、実感できるかどうかはまた別ですねぇ。。。

それよりも私が個人的に気になるのはホイールのデザイン変更です。

無主張ホイールデザインが主流?

機能的な面はさておき、今回のレイノルズ2018年モデルリニューアルで一番目立つのは、何といってもホイールのグラフィックデザインの変更です。

おそらく、数メートル離れると何のホイールか分からない程控えめでダークなデザインになっています。

↓レイノルズ ATTACK(リムハイト29mm)↓

reynolds04

出典:https://reynoldscycling.com

レイノルズ ASSAULT(リムハイト41mm)

reynolds04

出典:https://reynoldscycling.com

↓レイノルズ STRIKE(リムハイト62mm)↓

reynolds04

出典:https://reynoldscycling.com

ちなみに、前身2017年モデルのデザインはコチラ↓

reynolds04

出典:https://reynoldscycling.com

ここ最近のホイールデザインの主流なのか、レイノルズに限らず「ロゴを目立たせない」「マットなブラック」「落ち着いたデザイン」のホイールデザインが多いですね。 9100系デュラエースのホイールもそうでしたが、時代のニーズなのでしょう。

個人的にはもっと目立つデザインでもいいと思うんだけどなぁ・・・。
もっと「このホイールに乗ってるぜ!」感が欲しい(笑)

BoraシリーズのホワイトレッドやFast Fowardのデカールデザインくらい派手で主張が強くても良い。

まぁこれは完全に好みの問題ですが。

別デザインパターンも出してくれないかなぁ。

ちなみに、ハブも若干デザイン変更されています。フランジの形状が少しスタイリッシュになり、ラチェットの掛かりが速く耐久性が向上しているそうです。(本当か?)

リム幅は外径25mmと標準的なワイドリム対応幅です。

買ってみるもよし

レイノルズのアサルトは、私も昨年ホイールを新調する際に検討したホイールの一つです。

結果的にBora Ultraにしましたが。

bora

(こんくらいのホイール主張は欲しい(笑)

今回のリニューアルにより、若干の性能向上は(理論上)あるものの、メーカー的にはマイナーチェンジ扱いのようです。2017年、2016年モデルと大幅に性能差があるかと聞かれれば、「めっちゃ違う」とは答えにくいかもしれません。
あとはデザインの好みもありますので・・・。

今回のモデルチェンジが発表されたことで、これまでの2017年モデルはどんどん安くなっていくと思うので、レイノルズ2017年モデルのデザインが好きだ!という方はこれからが買いかもしれませんね。

レイノルズ2018年モデルの各仕様は下記の通り。リムブレーキとディスクブレーキ、両モデルあります。

レイノルズ ATTACK / ATTACKディスクブレーキ

リム形式:チューブレスレディ、クリンチャー
素材:カーボン
重量:1365g(リムブレーキ)、1480g(ディスクブレーキ)
リム幅:25mm(外側)、17mm(内側)
リムハイト:29mm
スポーク:サピムCXスプリント
スポーク数:前20/後24(リムブレーキ)、前24/後24(ディスクブレーキ)
対応:シマノ、スラム
価格:リムブレーキ 179,000円(税抜) ディスクブレーキ 199,000円(税抜)

レイノルズ ASSAULT / ASSAULT ディスクブレーキ

リム形式:チューブレスレディ、クリンチャー
素材:カーボン
重量:1515g(リムブレーキ)、1590g(ディスクブレーキ)
リム幅:25mm(外側)、17mm(内側)
リムハイト:41mm
スポーク:サピムCXスプリント
スポーク数:前20/後24(リムブレーキ)、前24/後24(ディスクブレーキ)
対応:シマノ、スラム
価格:リムブレーキ 179,000円(税抜) ディスクブレーキ 199,000円(税抜)

レイノルズ STRIKE / STRIKE ディスクブレーキ

リム形式:チューブレスレディ、クリンチャー
素材:カーボン
重量:1635g(リムブレーキ)、1710g(ディスクブレーキ)
リム幅:25mm(外側)、17mm(内側)
リムハイト:62mm
スポーク:サピムCXスプリント
スポーク数:前20/後24(リムブレーキ)、前24/後24(ディスクブレーキ)
対応:シマノ、スラム
価格:リムブレーキ 179,000円(税抜) ディスクブレーキ 199,000円(税抜)

このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookページにいいね!で最新情報をGET

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ