トップ画像01
  1.  >  > 

リザードスキン1.8mmのデザインパターン変更

前回の記事でコンポを一式デュラエースに変えたことをお伝えしましたが、それに伴いバーテープも変更しました。

リザードスキン1.8mmからリザードスキン1.8mmへの変更です。

・・・ん、何を言っているんだ?


はい、リザードスキン2016年バージョンにアップデートしてバーテープのデザインパターンが変更されました。厚さと色は以前と変わっていません。
リザードスキン1.8mm(レッド)です。

実は2016年から新デザインに変わってた

私が大好きなリザードスキン1.8mm、実は昨年2016年11月からデザインパターンが変わっています。

↓旧リザードスキン1.8mmのデザイン↓

リザードスキン

↓2016年11月以降のデザイン↓

リザードスキン

グリップ力に関しては私一押しおすすめのバーテープ「リザードスキン1.8mm」ですが、実は今回の交換前にリザードスキンを買ったのは2017年の2月でしたが、そのころは旧バージョンの在庫が大量にあったため、在庫処分特化で旧デザインパターンのものを買いました。

【参考】
リザードスキン1.8mmのインプレ

旧バージョンは大きめのドットデザインパターンだったのに対し、2016年11月以降の新バージョンはより細かいドットとなり、2.5mmと3.2mmのデザインパターンに近いデザインとなりました。

これまでの1.8mmのデザインはちょっと独特で好みが分かれるデザインでしたが、今回の新デザインになったことであまり自転車を選ばない平凡なデザインパターンとなりました。

リザードスキン リザードスキン

よく言えば万能デザイン。悪く言えばば平凡デザイン。

グリップ力や使い心地の変化はあるか?

グリップ力や性能に関してはこれまでのリザードスキン1.8mmと全く変わりません。

理屈的には、より細かい凹凸になったことで、バーテープのグリップ力も増したのかな?とも思いますが、正直感覚的にそこまで違いは分かりませんでした・・・。

相変わらずのグリップ力です。滑らない。

性能面ではデザインパターンの変更の影響は無いように思われます。

リザードスキン リザードスキン リザードスキン

でも・・・アップで見ると凹凸がいっぱいあって、ずっと見るには苦手な人は苦手な模様かも(笑)

次は別のバーテープにしよう

今更ながら、どうせバーテープを変えるのであればリザードスキン以外のバーテープを試せばよかったと後悔しているのですが・・・

旧バージョンと2016年11月以降の新バージョンとでは性能的な差はなく、デザインだけ平凡デザインになったという事が分かったという収穫・・・ということにしておきましょう。

次回はもう少しスベスベ系のバーテープにしてみようかと考えています。

今注目しているのは、プロロゴ スキンタッチあたり。

グリップが効きすぎでもなく、滑り過ぎない、程よいバーテープです。

次はこれに決めたぞー。

このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookページにいいね!で最新情報をGET

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう! 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ