トップ画像01
  1.  >  > 

新築戸建:ロードバイクのガレージを作ります

2018年1月に入り、ここ1ヵ月記事の更新が滞ってしましました。

というのも、実はこの度、新しく土地を購入し、注文住宅で新築戸建を建てることになりました。その仕様打合せやらなんやらで年末年始はドタバタしていました。(言い訳(笑)

いやぁ、まさか2018年中に家を建てるなんて、昨年は全然想像していませんでしたが、何とかなるもんですね。半分くらいは勢いです。

↓これから土削って基礎を作ります↓

ガレージ

せっかく注文住宅で戸建を建てるので、作っちゃいましたよ!

ロードバイクのガレージスぺース!!!

わーい^^

夢が1つ叶いました!

・・・とは言っても、さすがにサイクルショップみないな大きなスペースは取れなかったので、ロードバイク2台分+パーツ・工具保管スペース+作業スペース分だけの小ガレージです。(250cm×200cmくらいのスペース)

セキュリティ上、間取り図面まではUPできませんが、独立したガレージ小屋ではなく、玄関入ったすぐ隣に専用の部屋を一つ作りました。

トレーニング部屋はまた別室。でも十分です。

新しいスタンドとメンテナンス台が欲しい

という事で、新ガレージ用に新しいスタンドとメンテナンス台が欲しい次第です。

これまでは部屋にロードバイクを置くスペースが無かったので、スタンドはミノウラのノーマルな1台用スタンド(前後)を使ってベランダ保管していました。カバーはアクティブウィナーの撥水カバーです。

ガレージ ガレージ

これでも汚れとかは付きにくく十分だったのですが、強風が吹くと倒れてしまったり、洗濯の邪魔になったり・・・と自転車にとってはあまり良い環境ではありませんでした。

ポール型が欲しい

新ガレージではやはりトップチューブを支える突っ張り棒タイプのポール型スタンドにしたいですね。

ガレージ

注文住宅だったので、予め壁にロードバイク用のハングを設置することもできたのですが、今後の汎用性を考えて壁に直付けは止めました。ということで、今色々なポール型スタンドを検討しているのですが、やはりここは安心どころのメーカー中心に候補を絞っていきます。

やはり一般的なおすすめメーカーとしてはミノウラとトピーク辺りでしょうか。

ミノウラ バイクタワー20D

ガレージ

出典:http://www.minoura.jp/japan/storage/tower/biketower20d.html

トピーク デュアルタッチ バイク スタンド

ガレージ

出典:http://www.topeak.jp/stand/tod01400.html

この辺はやはり安心どころなんだけど、それなりの価格ですよね。

もっと廉価版で5000~7000円くらいでもポール型スタンドは沢山あるんだけど、正直不安がよぎります。特にこの辺とかこの辺とか・・・

レビューを見ると「フックが緩んで倒れた」とかいうのもあったりするので、ちょっと怖い。

あと重要なのはフックの幅ですね。意外とフックの幅が狭く、フレームギチギチになってしまい、フレームを痛めてしまったりする場合もあるので、注意は必要ですね。どちらにしろクッションは咬ませると思います。

やはり安全性には代えられないので、多分無難にミノウラかトピークにすると思います。

もしくはWEIMALLという所が出しているスタンドも安いながら評価も高いので、こちらも候補の一つかもしれません。

あとは、メンテナンス用のスタンドも新調しないとなぁ。

天井補強工事をしてもらった方がよい

これはハウスメーカーとの打合せ中にメーカー側から提案があったのですが、こういった突っ張り棒タイプのスタンドや家具を設置する場合、はやり天井には補強材を入れておいた方がよいそうです。 意外と天井はやわらかいので凹むそう。

結構な力で突っ張るので、徐々に天井にも負荷がかかり、気づかないうちに少しづつ天井が凹みます。それにり結果的に突っ張りの力も弱くなり、だんだんとポールが緩んでくるそうです。

ということで、私はガレージ内のポール設置個所予定の天井周りは大きく補強材を入れてもらいました。先に言っておいてよかった・・・。

これから新築を検討されてて、ポールスタンド設置予定の方は事前に設計士さんに相談した方がよいかと思います。

2018年4月に引越し

そんなこんなで、家の設計やら打合せも終わり、今ガンガン工事を進めています。

1月中は基礎作り。

2月に棟上げ。

3月末完工→引き渡し

それからある程度外溝を完成させて、2018年4月中旬に新居に引越し予定です。

場所は今住んでる場所からそんなに離れていないので、ロードバイクのトレーニングで使う道やサイクリングロードにはあまり変わりがありません。新ガレージも出来ることで、よりロードバイク熱が入ります!

ガレージ承諾してくれた妻にも感謝です(笑

頑張るぞー。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう! 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ