トップ画像01
  1.  >  > 

ハッチンソンフュージョン5 11STORMに注目!最速のタおすすめイヤとなるか?

11storm

出典:https://www.hutchinsontires.com/

2018年2月現在、次に是非インプレしようと思っているタイヤがあります。

それがハッチンソン フュージョン5 11STORM(イレブンストーム)!!!

この11STORM採用モデル自体は昨年2017年中頃に発表されました。前回2016年にフュージョン3→フュージョン5へと進化を遂げて1年半ほどでのモデルチェンジです。

モデルチェンジといっても、「フュージョン5」の名称は変わらず、「11STROM」という名前が付きました。

この11STORM(イレブンストーム)とはハッチンソンフュージョン5に新たに採用されたコンパウンドです。

そして11STORMコンパウンドが採用されるのはフュージョン5の3モデル全て。

果たしてこの11STORMとは??2018年度最高のおすすめタイヤとなり得るのでしょうか。

新コンパウンドで転がり抵抗-14%?

先述したようにこの11STORM(イレブンストーム)とはハッチンソンフュージョン5に新たに採用されたコンパウンドです。

これまでフュージョン5には「HDF>5.1」というコンパウンドが採用されていましたが、それに代わる新コンパウンド。

データ上11STROMは
転がり抵抗-14%
濡れた路面でのグリップ力+11%
乾いた路面でのグリップ力+3%
耐摩耗性+19%

らしいです。

もうこの毎回掲げられる「◯◯%削減!!」表記は正直見飽きたのですが(笑)果たしてどの程度本当にすごいのでしょうか。

ロードバイクタイヤの転がり抵抗を研究している「BICYLE ROLLING RESISTANCE」(https://www.bicyclerollingresistance.com/ )によると、現行のハッチンソンのレース向けタイヤ「フュージョン5 GALACTIK」が数あるロードバイクタイヤの中でも転がり抵抗の低さ第4位となっています。

11storm

出典:https://www.bicyclerollingresistance.com/road-bike-reviews

フュージョン5 GALACTIKはタイヤサイズ25C、空気圧120psi(8.3bar)で10.1ワットという転がり抵抗の低さです。

2018年2月現在、この機関の調査では最も転がり抵抗が低いタイヤがヴィットリア コルサスピード(オープンTLR)となっており、タイヤ23C、120psi(8.3bar)で7.7ワットという数値。

フュージョン5 GALACTIKが11STORMコンパウンド採用によって、本当に転がり抵抗が14%削減されたのであれば、同一条件での転がり抵抗は10.1ワット→8.6ワットという結果になります。

ヴィットリアコルサスピードがアホみたいに転がるので、7.7ワットには及びませんが、これでフュージョン5 GALACTIK 11STORM がデータ上は歴代2位の転がり抵抗の低さを誇るタイヤという事になります。

うーむ、11STORMコンパウンドおそるべし。

フュージョン5 11STROMのPV↓

実際に使ってみなければ分からない

と、ここまではあくまでもデータ上の話であり、実際に使ってみてどうか、というのはまた別の話です。

フュージョン5 GALACTIKはTTや本番レース向けのタイヤのため、当然トレッドは薄く、パンク耐性や耐久性を犠牲にしていたりするので、実際に「使い心地がよい」タイヤかどうかは使ってみてのお楽しみ。

どれを買うべきか

3モデルのラインナップということで、どれを買うかは迷う所です。

11storm

出典:https://www.hutchinsontires.com/

個人的にはやはり「転がり抵抗の低さ!」を重視したフュージョン5 GALACTIK 11STORMを使ってみたいです。その実力がいかほどの物か。

ただ、無理して常用するとこの前の私のパナレーサー ジラー事故みたいになるので、普段使いは怖いなぁ。

恐らく市場ではスタンダードモデルの「フュージョン5 PERFORMANCE 11STORM」が一番売れるんじゃないかと思います。

GALACTIKとPERFORMANCEの違いを体感してもるのも面白そうですね。

ということで2タイプ買うかもしれません。

ちなみにクリンチャーです。今はクリンチャーホイールしか持ってないので。

でもね、さすがフラッグシップモデルだけあり、結構高価なのよこれ。

ハッチンソン FUSION 5 PERFORMANCE 11STORM
タイヤタイプ:クリンチャー、チューブレス、チューブレスレディ
サイズ:700×23、700×25、700×28
TPI:127
重量:190g(クリンチャー、700×23)
価格:クリンチャー 8,000円(税抜)
チューブレスレディ 8,800円(税抜)
チューブレス 9,600円(税抜)


ハッチンソン FUSION 5 ALL SEASON 11STORM
タイヤタイプ:クリンチャー、チューブレス、チューブレスレディ
サイズ:700×23、700×25、700×28
TPI:127
重量:200g(クリンチャー、700×23)
価格:クリンチャー 7,400円(税抜)
チューブレスレディ 8,400円(税抜)
チューブレス 9,600円(税抜)


ハッチンソン FUSION 5 GALACTIK 11STORM
タイヤタイプ:クリンチャー、チューブレス、チューブレスレディ
サイズ:700×23、700×25
TPI:127
重量:180g(クリンチャー、700×23)
価格:クリンチャー 9,600円(税抜)
チューブレスレディ 9,800円(税抜)
チューブレス 10,500円(税抜)


PERFORMANCE(8,000円) とGALACTIK(9,600円)の2タイプで前輪後輪揃えると税抜35,200円。税込だと38,016円です。

・・・・よーし、頑張るぞぃ。

多分楽天

とかAmazonで取り扱われるともう少し安くなるので、それまで待つかもしれません。。。

果たしてどこまでおすすめタイヤなのか、こうご期待!

ちなみに、現行モデルのフュージョン 5 GalactikはWiggleCRCでめちゃくちゃ安く手に入ります。

11storm

出典:https://www.hutchinsontires.com/

     記事一覧      前の記事▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookページにいいね!で最新情報をGET

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう! 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ