トップ画像01
  1.  >  > 

エンデューロレース向けタイヤ

エンデューロレース。

ロードバイクの耐久レースといえばこれでしょう。同じコースをチームを組んで4~8時間の制限時間内にどれだけ周回できたかでその順位を競います。
スズカ8時間エンデューロや、もてぎ7時間エンデューロとか有名ですね。

実はロードバイク初参加レースがエンデューロレースという方が結構多いのです。私も初めて友達と参加したロードバイクのレースが5時間エンデューロでした。
その時は順位とか気にせず、自分のペースで大会の雰囲気を楽しんでいました。同じコースを周回と聞くと、飽きそうな気がしますが、そんな事はありませんでした。周回遅れになっても失格とかなかったので、他のレーサーがどのような走りをしているのか楽しみつつ、自分との戦いをすることができました。

初心者から上級者まで幅広く人気があるのが現在のエンデューロレースです。

エンデューロ01

エンデューロレース向けタイヤのポイント

そんなエンデューロに必要なタイヤの性能ポイントはずばりこれです。

  • 転がり抵抗の少なさ
  • グリップ力の高さ
  • タイヤの軽量さ

転がり抵抗の少なさ

ロードバイクにおけるエンデューロレースは基本的に整備されたトラックもしくはアスファルトを走ることがほとんどです。
凸凹の少ない平坦な道を走るため、タイヤの転がり抵抗の少なさがスピードと走りやすさに直結します。

路面との転がり抵抗の少ないタイヤを選びましょう。

グリップ力の高さ

エンデューロレースは同じコースを周回します。すなわち、何回もカーブを曲がることになります。カーブ性能に直結するグリップ力の高さは必須といえるでしょう。

エンデューロにおけるカーブの重要性はなにもスピードのためだけではありません。
そう、エンデューロは人が多いのです!!!
何人、何十人ものレーサーが同じカーブさしかかります。レースに出たことある方は分かるかもしれませんが、結構な恐怖です。特に90度以上のカーブの場合は。

しっかりと踏ん張って、クラッシュしないようにしましょう。集団レースならではグリップ力の重要性も忘れてはいけません。

タイヤの軽さ

5~8時間の耐久レースとなると、タイヤや体への負担も相当なものになります。なるべく軽い決戦用タイヤを装着し、長時間のレースに備えましょう。

同じ長時間といっても、ロングライドとエンデューロレースではタイヤ選びの基準が異なります。なぜなら走る路面状況が全然違うからです。

アスファルトに限らず様々な路面を走るロングライドでは耐パンク性能が重要視されるとことです。しかし、エンデューロレースの場合は路面はほぼアスファルトか整備されたトラックです。エンデューロでは耐パンク性能よりも、軽さを優先し、舗装路面での優位性を保つべきなのです。

エンデューロレースおすすめタイヤ

耐パンク性・グリップ力の高さ・タイヤの軽さを考慮したエンデューロにおすすめなタイヤはこちらです。

ミシュランPRO4コンプリミテッド

タイヤミシュランPro4

ミシュランPro4シリーズの超レース向けタイヤ。

約165gというミシュランPro4シリーズ中最軽量かつ最も転がり抵抗が低いタイヤです。たしかに耐久性においては少々犠牲にしている面はあります。
しかし、エンデューロレースでは、それを補って有り余る性能を持っているタイヤです。サイドにはグリップ力の高い素材が用いられているため、コーナー時の性能も評価できるものがあります。

ミシュランの決戦用タイヤといえばこれでしょう。

クリンチャーの場合、ラテックスチューブとの組み合わせで最高の性能を引き出すことができます。個人的にはチューブラータイヤを超える使用感でした。

TPI:150
重量:165
カラー:ブラック
適正空気圧:6.0-8.0 bar

最安値で購入できるサイト

ミシュランPro4コンプリミテッドサービスクルスは海外通販ネットショップで購入する方が圧倒的にお得です。

現時点で最安値購入可能なショップは・・・
なんと楽天より6,100円台で入手可能でした。

その次にお買い得はAmazonでした。

Vittoria オープンコルサCX3(タイヤサイズ23C)

ヴィットリア

エンデューロレースでのバランス力を重視するのであればこのタイヤです。

グリップ力、転がり抵抗の少なさに加え、優れた振動吸収性も兼ね備えています。初めてエンデューロに参加される方はこのヴィットリアオープンコルサCX3がおすすめかもしれません。

TPI:320
重量:210g
カラー:ブラック・ホワイト・レッド・イエロー・ブルー
適正空気圧:7.0-8.0 bar

最安値で購入できるサイト

ヴィットリア Open Corsa CX3は海外メーカであるため、海外通販ネットショップで購入する方が圧倒的にお得です。

現時点で最安値購入可能なショップは・・・
Wiggle(ウィグル)で4,800円台~6,600円で購入可能です。
(こちらはセール時期によって大幅に価格変動します。)
他のサイトを比較してみた所・・・
サイクリングエクスプレス(6,300円台)
CRC(チェーンリアクションサイクル)(6,200円台)よりWiggleの方がかなり安かったです。
楽天はもとより7,000円以上と、かなり高めなので論外ですね。。。
2本セットで買うならばAmazonが12,000円台くらいなのでこちらで購入もお得かもしれません。

エンデューロの必須アイテム

長い時間走るエンデューロ。
そんなエンデューロレースでのトラブルで最も怖いものの一つがパンクですね。

パンク修理に必須なアイテム、高性能フロアポンプの記事をまとめましたので参考にしてみて下さい。

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ