トップ画像01
  1.  >  > 

クリンチャータイヤのチューブの選び方

タイヤとチューブが別になっているクリンチャータイヤではチューブの選び方も重要です。
ロングライドや通勤に向いているチューブもあれば、決戦レースに向いているチューブもあります。ここではクリンチャータイヤのチューブに絞って、チューブの種類と選定基準を比較し、おすすめチューブを紹介していきます。

チューブの種類には主にこの3種類が挙げられます。

  • ブチルチューブ
  • R-Air
  • ラテックスチューブ

ブチルチューブ

一般的に自転車に使用されているチューブはこれです。ロードバイクからママチャリまで幅広く使用されています。

ゴムの密度が高いので、パンクのリスクは低くなります。
しかし、密度が高い=固いなので、伸縮性やクッション性は低くなります。
空気が抜けるのが遅く、1週間放置しても1bar抜けるか抜けないかくらいです。
重量は一般的に80~100gくらいでしょう。

【ブルチューブが効果的なライドスタイル】

おすすめブチルチューブ

ヴィットリア ウルトラライトブチルチューブ

ブチルチューブ

有名タイヤメーカーのヴィットリアより出ているブチルチューブです。

さすがバランスのよい性能を持っており、ブチルチューブにおいてはまずはコレを装着しておけば問題ないでしょう。

ロードバイクの海外通販ネットショップWiggle(ウィグル)から格安で購入可能ですが、価格が安いので、単品で買う場合には送料がかかってしまい割高になってしまいます。
他の製品とセットで購入する場合はWiggle(ウィグル)経由で購入し、
単品で買う場合は楽天で買った方が圧倒的に安いです。(Wiggleは5個入りのみ購入可能)購入場所に要注意です。

なおロードバイクの海外通販ネットショップについてはコチラをご参照ください。

R-Air

日本が誇るメーカー、Panaracer(パナレーサー)が開発した、高性能チューブです。
ブチルチューブの剛性と扱いやすさとラテックスチューブの性能を合わせ持つバランス型です。

日本人は何でもバランス型が好きなのでしょうか?(笑)
重量は60~70gです

R-Air

【R-Airが効果的なライドスタイル】

楽天でかAmazonで購入しましょう

国内メーカーのパナレーサーなので、Wiggleなどの海外通販ネットショップで買うよりも楽天で買った方が安いです。
楽天での最安値購入はコチラからどうぞ。

セール時期等によってはAmazonの方が安い場合もあります。

安い方をチェックして購入しましょう^^

ラテックスチューブ

一言でいうとレース向け超高性能チューブです。
このチューブをつけてみると分かりますが、マジで全然違います。
まるでクリンチャーからチューブラーに変えた時のような感動すら覚えます。

具体的にブチルチューブと何が違うかというと、ゴムの密度が大きく異なります。 ラテックスチューブのほうが密度が低いのです。
密度が低いことにより、伸縮性、クッション性が増し、グリップ力も向上します。転がり抵抗も低くなります。
さらに、密度を薄くすることにより軽いです!(40~60g)
伸縮性があるということはチューブが伸びやすいので、実は突起物などによるパンクには強かったりします。

唯一ディメリットがあるとすると、空気の抜けが早いことです。
ゴムの密度が低いため、空気が隙間から抜けていきます。
ブチルチューブが1週間で1barくらいしか空気が抜けませんが、ラテックスチューブは2、3日放っておくと、ペシャンコに空気が抜けてしまいます。
走る前に空気を入れ直せば問題ないので、日帰りのライドには問題ないでしょう。

まぁ、基本的に決戦レース向けのチューブと言えます。
しかし、その性能は群を抜くものがあります。
少なくともブチルチューブしか使ったことのない方は、是非一度試してみて下さい。本当に走りの変化に感動します。管理人イチオシのおすすめチューブです。

【ラテックスが効果的なライドスタイル】

おすすめラテックスチューブ

SOYOラテックスチューブ

ラテックスチューブ

このチューブ、なんと国内避妊具メーカーのオカモトが製作したラテックスチューブです。

さすが避妊具メーカーだけあって、ゴムの性能がハンパないです。めっちゃ伸びます。私はこれを使ってます。あちらもコレを使っています。

また、この商品の品質管理体制がとても高いです。他のメーカーではチューブがむき出しに箱に入っていることが多いのですが、こちらはなんと!アルミの袋に入っており、とても堅牢なパッケージになっています。手元に届くまでのパンク耐性までバッチリです。

今の所、ラテックスチューブおすすめNo1です。

こちらも日本国内のメーカーのため、Wiggle等の海外通販で買うよりも
楽天で買った方が安いです。要チェック。

こちらもセール時期等によってはAmazonの方が安い場合もあります。

安い方をチェックして購入しましょう^^

その他のラテックスチューブ

SOYO以外にもラテックスチューブはあります。有名処はミシュランかヴィットリアのラテックスチューブでしょう。性能的にはSOYOと比較してほとんど遜色ありませんが、チューブの伸びの良さについてはSOYOの方が上のようです。国産品にこだわりがなければこちらのラテックスでも十分な性能です。

ラテックスチューブのインプレ

SOYOラテックスチューブを実際にゲットして使用した比較・インプレ記事を掲載しています。ラテックスチューブを一度も使用したことが無い方は是非使ってみてください。次元の違う乗り心地が体感できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ