タイヤ選び

タイヤ選び

MAVIC(マヴィック)イクシオン グリップリンク・パワーリンクの特徴比較

MAVIC(マビック・マヴィック)のイクシオンプロの特集。イクシオンプロパワーリンク、グリップリンクの違いは?タイヤの向きはどっちが正しいのか?グリップリンクのコンパウンド構成の解説。イクシオンのインプレ、レビューを掲載しています。前・・・
タイヤ選び

ハッチンソンフュージョン3の後継モデル「フュージョン5」

おすすめタイヤであるハッチンソン フュージョン3がバージョンアップしてフュージョン5になりました。フュージョン3 Xライトの後継モデルとなるフュージョン5の特徴をおさらいです。ラインナップはフュージョン5ギャラティック、パフォーマンス・・・
タイヤ選び

ヴィットリア コルサ (Vittoria Corsa)2016年モデルチェンジと違い

クリンチャータイヤの定番ヴィットリアのコルサが2016年フルモデルチェンジ!旧モデル「オープンコルサCX」の後継モデル「ヴィットリア コルサ」2016年モデルがデビューです。果たして何が違うのか?どう変わったのか?旧オープンコルサCXと新・・・
スポンサーリンク
タイヤ選び

ロングライド向けタイヤ

ロングライドに向いているロードバイクのタイヤを徹底紹介。ロングライドでは耐パンク性、振動吸収性、タイヤの軽さに重点を置いてタイヤを選びましょう。ロングライドにおすすめのタイヤは、ミシュランPro4エンデュランス・コンチネンタル Grand Prix 4000S2・パナレーサーRACE-D EVO2です。
タイヤ選び

パナレーサーRACE EVO3(2016モデル)シリーズの違いを比較

2015年10月にパナレーサーRACE EVOシリーズが第三世代となってEVO3として発売されました。当サイトでもおすすめタイヤ第4位としてランクインしているパナレーサーRACE A EVO2からのバージョンアップです。それぞれどこが変わったのでしょう・・・
タイヤ選び

週末ライダー向けタイヤ

週末ライダーに向いているロードバイクのタイヤを徹底紹介。週末ライダーには転がり抵抗の少なさ、オールラウンドなタイヤが求められます。またせっかくの週末なので、価格は気にせず最高品位のタイヤを是非。
タイヤ選び

ロードバイクのタイヤの選び方を知ろう

ロードバイクのタイヤを徹底比較。クリンチャー、チューブラー、チューブレス等のタイヤの種類から目的にあったタイヤ選びの基準をお伝えします。タイヤの幅による違いやタイヤ幅表記の見方、タイヤ接地面積による抵抗の違い等、これを見れば一目瞭然です。
タイヤ選び

ミシュラン Pro4 V2の違いを比較

2015年7月にミシュランPro4シリーズのバージョンアップ版であるPro4 V2が発売されましたね。メーカーからの説明ではV2となりマイナーチェンジ扱いですが、果たしてどこが変わって、違いは何なのでしょうか?その違いを詳しく見ていきましょう。違・・・
タイヤ選び

ロードバイクタイヤおすすめランキング2015年

ここでは当サイトでの2015年版ロードバイクタイヤのおすすめをランキング形式で紹介していきます。
タイヤ選び

ヒルクライム向けタイヤ

ヒルクライムに向いているロードバイクのタイヤを徹底紹介。ヒルクライムではとにかく軽いタイヤが求められます。軽量な決戦タイヤを履くことで、ヒルクライムにおける走りの軽さを徹底追及できます。コンチネンタルスーパーソニックなど、最速タイヤを徹底紹介しています。
タイヤ選び

タイヤ幅23Cと25Cはどちらの方が転がり抵抗が少ないのか

ここ最近、改めて気になっている事があります。それはタイヤの幅を25Cにすべきかどうかということ。 と、いうのも、世の中的に23C→25Cへと太いタイヤへの乗り換えが進んでいる・・・
タイヤ選び

ヒルクライム超軽量タイヤ・ブリヂストン EXTENZA (エクステンザ) R1S

当サイトではヒルクライム向けおすすめタイヤとして、こちらの記事で「コンチネンタルスーパーソニック」と「パナレーサーRACE L Evo2」をおすすめしてきましたが、2015年に入ってもう一つ注目のタイヤがあります。それが「ブリヂストン エクステンザR1・・・
タイヤ選び

イタリアの芸術品タイヤVELOFLEX(べロフレックス)

今回注目しているのは、このヴェロフレックスシリーズ。イタリアでハンドメイドにて作られている超高性能タイヤです。(値段もそれなりに高い・・)チューブラーとクリンチャーにてそれぞれラインナップがあります。このタイヤの性能はお墨・・・
タイヤ選び

ロードバイクタイヤおすすめランキングその2

ロードバイクおすすめタイヤ5位は、シュワルベより「シュワルベ ワン」。シュワルベアルトレモを改良し、シュワルベ史上最も転がり抵抗の低いタイヤとなりました。シュワルベワンは費用さえ気にしなければ試す価値のあるタイヤです。
タイヤ選び

ヒルクライムとホイールとコリマ

今回私が気になっているのは、コリマのホイール。コリマと言えば、フランスのホイールメーカーで、「これ大丈夫なん??」ってくらい少ないスポークの数で有名ですよね。その中でも、最もスポークが少なく、軽量化されたモデル「MCC"S+" WO・・・
スポンサーリンク