ロードバイクタイヤおすすめランキングその2

ここでは当サイトでは次点となる4位以下のロードバイクタイヤのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

最新2018年版おすすめタイヤ記事追加!!

この記事は2016年版のおすすめタイヤです。(古いです)
2018年版おすすめタイヤランキングの記事はコチラから!!

————————

タイヤの評価基準は上位3位と同じく以下の5点です。

  • グリップ力
    →タイヤと路面の摩擦力。一般的にグリップ力が高いと旋回の安定性や限界旋回性能が向上します。
  • 振動吸収性
    →路面からの衝撃を緩和する力を示します。
  • 耐パンク性
    →走行時のパンクのしにくさを示します。
  • 転がり抵抗の少なさ
    →タイヤと路面が接する際に生じるエネルギー損失の少なさを表します。一般的にこの抵抗が少ないほうが性能のよいタイヤとされます。
  • コストパフォーマンス
    →価格と比較して総合的な費用対効果を示します。

なお、ロードバイクタイヤおすすめランキング3位以上のタイヤはこちらから。

5位 シュワルベ ワン

シュワルベ ワンの評価
グリップ力★★★★☆ 4点
振動吸収性★★★☆☆ 3点
耐パンク性★★★☆☆ 4点
転がり抵抗の少なさ★★★★★ 5点
コストパフォーマンス★★☆☆☆ 2点
総評(25点満点)18点
仕様サイズ:700×23 C
重量:約205g
サイズ:700×25 C
重量:約225g
TPI127TPI
適正空気圧7~9 bar
(100~130 PSI)
価格(1本あたり)¥6,500円(税込)くらい

※購入店、ECサイトにより販売価格が異なります。

当サイトでおすすめ第5位となったのが、ドイツの量産タイヤメーカー王様シュワルベより、シュワルベ ワンがランクインです。

このシュワルベワン、5位となっていますが、もっと上位のタイヤに化ける可能性を秘めています。
と、いうのも、コスト面以外、基本的な性能がかなり高いからです。

2014年代までシュワルベの最高品位であった「シュワルベ アルトレモ」を更に改良したシュワルベクリンチャーの最強タイヤとなっています。

とくに注目すべきは転がり抵抗の低さ。
(株)ピーアールインターナショナルの実験データによると、アルトレモの転がり抵抗(24.5watt)よりシュワルベワンの転がり抵抗(22watt)は更に低くなっており、シュワルベ史上最も転がり抵抗が低いタイヤです。(チューブレスはさらに低い模様)

 

また乗り心地と振動吸収性もかなりUPされ、同じ空気圧でコンチネンタルグランプリ4000S2よりも固くなく、ミシュランのようなモチモチ感もありません。つまりちょうどいい。(個人差あり)

総合的な性能の高さと乗り心地から、日常ライドからロングライドまで幅広い用途が期待されます。

唯一のマイナス(?)は価格が高い事。同じランクのタイヤに比べて2000円程度高いような設定です。(凝ったパッケージのせい?笑)

コストさえ気にしなければ一度は試してみる価値がありそうです。

最安値で購入できるサイト

シュワルベは海外メーカーのため、海外通販ネットショップのWiggle(ウィグル)で購入が圧倒的に安いです。
次点でサイクリングエクスプレスが安いでしょう。

おそらく国内の店舗で買うよりも1本あたり2000円程も安く購入できるかと思います。

もちろん国内通販のAmazon楽天でも購入は可能です。

いずれか、できるだけ安い方で購入しましょう。前後2本で4000円の違いは大きいですよ。ラテックスチューブが買えちゃうくらいの差です。

【まとめ】シュワルベ ワンはこんな人におすすめ

  • オールラウンドなバランスを重視したい!
  • ロングライドでの乗り心地を重視したい!

シュワルベ ワンのファーストインプレ

実際に管理人が装備したシュワルベ ワンの詳細インプレをこちらのページに追加しました。
スペック詳細と併せて参照して下さい^^

シュワルベ ワンで800km走った結果アフターインプレ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

タイヤ選び
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com