スネ毛隠したい人も必見。夏のロングライド向けタイツ:コールドシェイドタイツ

真夏のライドにロングタイツを履く・・・・

なかなか少数派かもしれませんが、私もそのうちの一人。

基本的に私は夏も冬もサイクルウェアのボトムスはパンツではなく足首まで隠れるタイツを着用しています。特に夏場のロングライドにはおすすめ。

冬なら分かるけど、なぜ夏も?

 

と疑問に思われるかもしれませんが、そのおすすめ理由は主に3つ。

1. スネ毛が隠れる

2. 紫外線カット

3. 意外と涼しい仕様

そしてこの3つを網羅している夏用タイツが私も愛用しているパールイズミのコールドブラックシリーズです。

そして2019年の夏ウェアでは、このコールドブラックシリーズがアップデートされ、「コールドシェイドタイツ」シリーズとしてラインナップされています。

出典:https://www.pearlizumi.co.jp/list/tights

スポンサーリンク

1. スネ毛が隠れる

毛深いサイクリストにとってはこれは重要な問題でもあります。

空気抵抗云々というより、単純に見た目的に。

 

「剃ればいいジャン?」

 

と思ったアナタ!

本当に剛毛スネ毛を持つ人の悩みを分かっていないですね(笑

 

そった直後からプチプチと再発してくるスネ毛達。その不快感といったらこの上ありません。そしていつしか剃るのが大変になり、諦めることに・・・。

そんなスネ毛を完璧に隠してくれるのがこの夏用タイツなのです。

2. 紫外線カット

夏場のロードバイクコンディションにおいて最も重要な要素の一つがこの紫外線。紫外線と聞くと日差しが強い真夏を想像しがちですが、5月頃から徐々に紫外線は強くなってくるのでもうその頃から対策は必須です。

肌を露出して紫外線を受けるとことで、日焼け以外にも体内に疲労物質が溜りやすくなり、その日のライドや翌日以降にも身体に影響を与えることになります。

日焼け止めクリームなどであれば、皮膚の炎症、シミ対策への有効性を示す値がSPF値、シワや肌の老化を防ぐために有効なのがPA値などが基準としてあり、それらが高い物を選びがちです。SPF値やPA値が高いと紫外線からの防御力が高くなりますが、人によっては肌の負担が大きいものもありますので、一概に高ければといとい訳ではありません。

そこで有効なのが夏場用のサイクルタイツ「コールドシェイドタイツ」です。

これまで「コールドブラック」という名称だったのが、2019年より「コールドシェイド」という名称に変わったパールイズミの夏用タイツ。タイツの素材がUVカット機能を持ち、太陽光を遮蔽して衣服内温度の上昇を抑える素材へと進化しました。

コールドシェイドの紫外線カット率はUPF値で示されています。UPFとはUltraViolet Protection Factor(紫外線保護指数)の略称で、紫外線対策の先進国として知られるオーストラリアやアメリカなどで広く使われている衣類の紫外線防止指数です。

そしてコールドシェイドタイツのUPF値は50+。UPF値は50が最高値で、それ以上の数値は表記できない決まりになっており、それ以上の効果が期待できると場合は「+」を付け足すことになっています。UPF50とは肌に何も身に付けていない状態と比べ、その50倍の時間まで日差しを浴びないと同様のレベルまで日焼けしないことを示しています。たとえば通常(20分)で日焼けする紫外線の場合、50倍となる約16時間半に渡って紫外線をほぼ遮断して、日焼け等の弊害を防ぐ効果が期待できるのです。

スポンサーリンク

3. 意外と涼しい仕様

以前、コチラのページでも記事を書きましたがパールイズミのコールドタイツシリーズの最大の特徴は直射日光を反射し、ウェア内の気温上昇を抑え、紫外線対策もできる所。

この仕様により、夏場でもひざ下までのパンツより快適なライドが楽しめています。直射日光が当たらない分、ひざ下パンツよりも涼しいと感じます。夏に長すそタイツ?と思われるかもしれませんが、これがビックリするほど涼しいのです。

日蔭では素足の方が涼しいかもしれませんが、直射日光が当たる場所ではコールドブラック着用時の方が涼しいと感じます。

コールドシェイドタイツのラインナップ

おさらいとなりますが、パールイズミのレーパン(パンツ・タイツ)にはパッドの種類が様々に分かれており、今回のコールドシェイドタイツも3種類の異なるパッド別にラインナップがあります。

3Dネオプラス

乗車姿勢から型抜きしたパッド。あらゆる動きにフィット。パールイズミのパッドの中でもハイエンドモデルとして採用。

出典:http://www.pearlizumi.co.jp

採用モデル
928-3DNP コールド シェイド バイク タイツ

 

3Dメガパッド

極厚パッド。ロングライドやおしりの痛みを軽減したい人向け。クッション性は最も高い。

私が使用しているモデルはこれ。

出典:https://www.pearlizumi.co.jp/

採用モデル
238MEGA コールド シェイド メガ タイツ
B238MEGA コールド シェイド メガ タイツ(ワイドサイズ)

3D-アールパッド

密度の異なるフォームで快適なクッションを実現したオールラウンドパッド。最も一般的なモデル。

採用モデル
228-3DR コールド シェイド タイツ
B228-3DR コールド シェイド タイツ (ワイドサイズ)
L228-3DR コールド シェイド タイツ(トールサイズ)

3Dイー

最も安いパッド。その分作りも簡素。

採用モデル
208-3DE コンフォート タイツ

ロングライドには3Dメガパッドおすすめです

ロングライドに特化して作られた極厚メガパットは効力絶大。私もよく着用していますが、お尻への負担はかなり楽になりました。期待通り。痔持ちのライダーにも最適です。

結論として私のおすすめは3Dメガパッドのコールドシェイドメガタイツである。

  • お尻の痛みと戦う方
  • 痔を患っているけどロードバイクに乗りたい方
  • ロングライド好きな方
  • 日焼け防止したい方
  • すね毛が気になる方
  • 夏でもタイツがいい方

以上のどれかに当てはまる方は是非パールイズミの3Dメガパッド コールドシェイドメガタイツ を試して頂きたいです。

サイズ表参照

本来であればお店で試着→ネット通販が最も安く、サイズフィットしたものが手に入るのですが、ネットだけで完結したいという人のためにサイズ表も丁寧です。「身長」「胸囲」「ウエスト」「脚の長さ」の4つから適切サイズを割り出すことが可能です。

パールイズミコールドシェイドタイツは日本人体型に合わせられており、かなりピチピチサイズに作られています。
改めて書きますが、私は身長168cmで体重52kgの細見なのですが、Mサイズでギリギリ違和感なく履ける具合です。(Lサイズでもよいかもしれません)
サイズは自分が思っているよりもちょっと大き目でもいいかもしれません。おそらく7割くらいの方がMサイズかLサイズになるでしょう。

↑の表もサイズ指標のご参考に。

コールドシェイドタイツ格安での購入は

国内メーカーなので特に海外から取り寄せる必要もありません。やはりAmazonあたりが最もお手軽に手に入るでしょう。サイズが決まったら即通販です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします