冬ライドのタイツにはパールイズミ ウィンドブレーク3Dメガ

2016年10月。今年もそろそろ冬ライドの準備の時期がやってきました。今年新たに冬向けに買おうと思っているのが、新しいレーシングタイツです。

私はここ数年、レーパンおよびタイツはパールイズミ製と決めています。長年サイクルウェアを手掛けてきただけのことはあり、やはりそのフィッティング感と防寒性能は他のメーカーから頭一つ抜きんでていると思います。

今年はパールイズミ製のタイツを新調する予定です。・・・なぜなら、去年持っていたタイツが破れてしまったからです。

そう、実は去年2015年の12月くらい、道路の段差に引っ掛かり、思いっきり落車しました。道路側ではなく、歩道側に倒れたのが不幸中の幸いでしたが、バーテープと左膝のタイツを思いっきり破ってしまいました。まだ使えることは使えるのですが、ペダルをこぐと膝小僧がコンニチワしてめっちゃ恥ずかしいのです。。。

まぁ、買い替えるいい機会ということで・・・。

パールイズミの冬タイツの選び方

以前、こちらの記事にも書いたように、パールイズミの冬ウェアには選び方が2パターンあります。

  • パッドの種類で選ぶ
  • 温度帯で選ぶ

パッドの種類で選ぶ

パールイズミのタイツまたはレーパンにはパッドの種類が主に4種類あります。

  • 3Dネオプラス
  • 3Dネオ
  • 3Dメガパッド
  • 3Dイー

基本的に上に行くほどレース向けとなります。

しかし、私が選んでいるのは「3Dメガ」です。これはコチラの記事にも書いたように、ロングライド向けの厚いパッドが装着されたタイツです。夏用のレーパンも3Dメガ採用のコールドブラックを着用しています。

ロングライド向けとありますが、私はレースでも使用しています。
特に、お尻の痛みや「痔」主の方には最高におすすめできるシリーズです。最初は1cmくらい浮いている感覚に襲われますが、慣れれば問題ありません。ちゃんとサドルにお尻を固定することができます。

出典:http://www.pearlizumi.co.jp

私は軽い痔ですが(言ってしまった)、この3Dメガパッドには助けられています。。。

温度帯で選ぶ

パールイズミの冬ウェアは対応温度帯によって生地の厚さや素材が違います。

    • 0℃帯用
    • 5℃帯用
    • 10℃帯用
    • 15℃帯用

と4パターンに分かれています。

出典:http://www.pearlizumi.co.jp

こちらの記事でも書いたように、11月下旬~2月頃までのおすすめは5℃帯用です。これは個人的な感覚なのですが、5℃帯用は0℃~10℃くらいまでカバーできます。0℃帯用は厚すぎて、10℃帯用は薄すぎるのです。ちょうどいいのが5℃帯用。

5℃帯用で3Dメガ採用モデルは?

そう、探すのは5℃帯用で3Dメガパッド採用モデルです。
・・・あるじゃないですか、ドンピシャのモデルが!!!

6200MEGA:ウィンドブレーク メガ タイツ

てか、
冬用タイツで3Dメガパッド採用モデルはこれしかラインナップがない(笑)
もっと3Dメガパッド増やしてよー。ビブタイツにも採用してよー。お願いしますパールイズミさん。。。

パールイズミの公式サイトには最新モデルが載っていますが、正直2年くらい前の型落ちモデルで十分です。パッドと生地の構成はあまり変わりません。

Amazonで2014年モデルが売っていました(コチラ )。5000円くらい値下がり中。これで十分。

おそらく使い始めるのは11月の下旬くらいからです。またその時にインプレ記事を書きたいと思います。

2016/12/23記事追加

結局3Dメガじゃないヤツを買いました

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします