夏ライドのサイクルウェアおすすめ シマノACCU3D

どんどん暑くなります夏に向けてのロードバイク。

以前の記事で日焼け対策用のアームカバーについて紹介しましたが、今回は上着です。
サイクルウェアの上着。

私が愛用しているのは
シマノ ACCU3D ショートスリーブ ジャージ(青)です。

このシリーズは年々新しいモデルが出ているのですが、私が着用しているのは2014年モデルです(2014年に購入)。こいつ、マジで快適です。

フィット感と発汗性と通気性がかなり良いです。
これ着ると、他の安物ウェアには移れません。

私はこの広告に魅かれて買ってしまったのですが、期待通り、いや、それ以上の快適性の持ち主でした。

シマノACCU3Dのすごいとこ

フィット感

とても伸縮性のある生地でできており、身体によく馴染みます。
他の6000円前後のサイクルウェアと比べてみると試着しただけで圧倒的に着心地が違うのが分かりました。

前傾姿勢になっても身体に違和感なく生地がついてきます。 ぴったりフィットするため、風の抵抗も少なくてすみますね。

発汗性・通気性

こちらもかなり性能は高いです。
特に背中のメッシュ素材。

「ヒートベンチレーション」と呼ばれており、ライディング時に最も高い位置にくる背中部分に通気性の高いメッシュ素材を使用することで、体温の上昇をかなり抑えられる設計になっているようです。

で、実際走ってみると・・・。確かに!かなり気持ちいい。というかマジでこれまで使っていたジャージと全然ちげーーー。
涼しいです。

毎年リニューアルされるシマノサイクルウェア

↑先述したとおり、私が持っているのは2014年度モデルです。
タンスのしまい方が雑でシワよってますが気にしないで下さい。(笑)
残念ながら2014年度モデルはたぶん今は手に入りません。初めて買う方は新しいバージョンを購入するしかないかもしれません・・・。

このシマノACCU3Dシリーズは毎年リニューアルされるっぽいのですが、2015年モデルのブルーは何か独特ですね。
なぜオレンジを混ぜたし。
2014年バージョンがかっこよかったんだけどなぁ・・・。

2015年、今年買うなら個人的にはホワイトandレッドですね!

ウェアを変えると気分も変わるものです。
新しいの欲しい・・・。

2016年モデル追加

2016/3/15追記
シマノACCU3Dの2016年モデル特集を記載しました。
→詳細はコチラから

ウェアと合わせて着用したい!アームカバー!

ロードバイクの夏ライドであれば、アームカバーとレッグカバーは着用した方がいいです。実はアームカバー着けたほうが涼しくなるって知ってました?

究極のベースレイヤーとの組み合わせ

2015/6/29記事追加

このウェアと究極の変態ベースレイヤーであるOUTWET(アウトウェット)シリーズの組み合わせが最強です。
変態OUTWETの記事はコチラ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします