ロードバイク日焼け対策 アームカバー・レッグカバー編

前回の記事でロードバイクでの夏ライドに向けて日焼け止めによる日焼け対策を書きましたが、今回はアームカバー・レッグカバーによる日焼け対策です。

夏なのに長袖アームカバー!!??と最初は思うかもしれません。

いいえ、夏だからこそのアームカバーなのです。

アームカバーの最大のメリットは

  • 日焼けしない
  • 実は着用したほうが涼しい

です。

特にロングライドなど、陽射しが強い場所を長時間ライドする時には必須のアイテムと言ってもよいでしょう。

スポンサーリンク

アームカバーで日焼けしない

肌を覆っているのですから当然日焼けしません。
サイクル用のアームカバー・レッグカバーはUVカット素材でできているのがほとんどなので、カバーの上から日焼けすることはありません。
また、日焼け止めクリームのように汗で流れ落ちてしまうこともないので、その点は安心です。

ただし、ものによっては長さが足りなかったり、走行中にずり落ちてくるものもあります。

長さが足りなかったりすると、グローブとアームカバーの隙間だけ日焼けしてしまいます。その隙間だけ真っ赤に・・・。はみ出しそうな部分は前回の記事で紹介したような日焼け止めクリームを使用するとよいでしょう。

実は着用しているほうが涼しい

これは私も実際着用してみて一番ビックリしたことでもあります。
アームカバーを初めて使う前は、夏にアームカバーとレッグカバーを装着している人を見るだけで自分もサウナに入ったような気分になりとても暑苦しそうでした。しかーし、実際に着用した結果・・・
まったく暑くない!!! というかカバー装着している方が涼しい。

いやマジで。特に風が良く当たるアームカバーは、確実に装着していた方が腕がひんやりと冷たいです。生地が放熱メッシュのような生地で構成され、風を受けると涼しさが腕全体に広がります。
そして気になる汗も全くベタつかず、瞬間的に吸収・乾燥していく感覚があります。カバーを外しても腕はサラサラ。とても快適です。

ではおすすめのアームカバー・レッグカバーは?

今回おすすめする(というか私が使っている)アームカバーとレッグカバーは、日本メーカーのパールイズミから出ている
「コールドブラック アームカバー」
「コールドブラック レッグカバー」です。

こいつはただのメッシュカバーではありません。放熱性と反射性の最も優れた最上位モデルです。ホイールみたいにめちゃくちゃ高くはないので、ここにお金は惜しみません。(金銭感覚崩壊)
しかもこのカバー、直射日光を反射し、ウェア内の温度も下げてくれるらしい。もう何か魔法の生地。ちょーマジック。
アームカバーで覆われた部分と覆われていない部分を比較すると、4℃くらいも温度差があるっぽいのです。 レッグカバーも同様。快適です。

アームカバーについては、ずり落ちが気になりそうな方向けに、ウェアと一体型の
クール フィット ドライ UV ロングスリーブというウェアもあります。

が、かなり細見の私でもこのパールイズミのアームカバーは伸縮性に優れしっかりフィットし、ずり落ちることもありませんでしたので、基本的には大丈夫かと思います。

他社のアームカバーは試した事ないので分かりませんが・・・

スポンサーリンク

ロードバイク用アームカバー・レッグカバーまとめ

ロードバイクにおいて日焼けを防ぐためには・・・

  • アームカバー・レッグカバーは暑苦しくない!!
  • むしろ涼しい
  • UVカットで日焼けしない
  • 夏のロードバイクこそ夏用アームカバー!!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

サイクルウェア
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com