TOP画像
  1.  >  > 

CRCでWiggleブランドのdhb取扱い開始!合併されたCRCの今後は・・・

2016/10/17の週からイギリスの海外通販サイトCRC(Chain Reaction Cycles)でもWiggleのオリジナルサイクルウェアブランド「dhb(ディーエイチビー)」を取り扱う事になりました。

dhb01

出典:http://www.chainreactioncycles.com/

イギリスの2大通販サイト合併吸収の経緯

イギリス発のロードバイク関連の通販サイトといえば、皆さんご存知WiggleとCRCの2大巨頭でした。

しかし、2016年2月、WiggleがCRCを買収するという衝撃のニュースがサイクル業界(?)を驚かせ、最終的にCRCがWiggleに吸収される形で決着が付きました。それに伴い、これまで価格競争を行ってきたWiggleとCRCの戦いは終結しましたが、通販サイトとしてはそれぞれ別のサイトとして存在し続けています。

そして今回、とうとうWiggleのオリジナルブランドであった「dhb」がCRCでも取り扱われることになったようです。

dhbとはどういうブランドか?

元々Wiggleの自社ブランドであったdhbは、ロード、MTB用のサイクリングウェアからシューズ、ヘルメット、そしてトライアスロン用ウェア、ウェットスーツ、ゴーグルから、ランニング用ウェア、サングラスまで幅広く商品を揃えており、初心者からプロまで、多くのユーザー層を獲得しています。

特徴的なのが、デザインの豊富さと、と素材の選定です。

特に目を引くのがサイクルジャージのデザインの多さ。dhbの商品は原則、イギリスでデザインされています。そして素材は世界各国の最先端素材を使用している(とのこと)。

基本的に「安くて一定以上のクオリティのサイクルウェア」がモットーなイメージです。

特にビブタイツやシューズの安さは際立っています。

dhb03

出典:http://www.wiggle.jp

dhb 5種類のカテゴリ

dhbには主に5種類のカテゴリが存在します。

  • BLOC
  • CLASSIC
  • AERON
  • ASV
  • FLASHLIGHT
dhb02

出典:http://www.wiggle.jp

BLOCK

大胆なデザインが特徴的です。

デザインの種類では一番豊富で、基本派手なデザイン。目立つサイクルウェアはBLOCK。

→WiggleでのBLOCKの一覧はコチラ

→CRCでのBLOCK取扱いは無し(2016年10月時点)

CLASSIC

最も無難なカテゴリ。

所謂フツーのサイクルウェア。夏用から冬用まで基本ラインナップが揃います。通常はこれかな・・・

→WiggleでのCLASSIC一覧はコチラ

→CRCでのCLASSIC一覧はコチラ

AERON

耐久性重視のウェアが多いです。

特に、ジャージなどは防水機能が付いたものや、より破れにくい素材が使われたりしています。レインウェア等を求める場合はこっちかな。

→WiggleでのAERON一覧はコチラ

→CRCでのAERON一覧はコチラ

ASV

最もレースに向いているとされるカテゴリ。多分一番軽い素材。

→WiggleでのASV一覧はコチラ

→CRCでのASV取扱いは無し(2016年10月時点)

FLASHLIGHT

可視性の高い通勤用ウェア。蛍光色メインなので、夜ライドやシティライド向け。

夜間だとBLOCKシリーズよりも一番目立つ。

→WiggleでのFLASHLIGHT一覧はコチラ

→CRCでのFLASHLIGHT取扱いは無し(2016年10月時点)

やはり中間ユーザー向け?

やはりコンセプトは「安くて一定以上のクオリティのサイクルウェア」がメインです。ハッキリ言っておきますが、パールイズミやシマノ等、他メーカーのフラッグシップウェアには敵いません。機能性やフィット感も。

ただ、ジャージのデザインや種類の豊富さは他メーカーを圧倒するものがあります。「今季限りの使用」や「予備の一着」にはちょうどよいブランドかと思います。何といってもビブタイツが安い。

WiggleとCRCどっちで買うべき?

Wiggleです。2016年10月時点では。

CRCで取扱いを始めたと言っても、商品数ではWiggleの方が圧倒的に多いです。また同じ商品でもWiggleのほうが割引が効いており、10%前後安い場合が多いです。

今後はどうなるか分かりません。dhbに関してCRCではまだ販売開始直後で様子見という感じのようです。今後販売数が伸びれば取扱い数や価格の面でもCRCで購入するメリットが出てくることでしょう。(そう期待しています)

今後のWiggleとCRC

両方とも自社ブランドを持っています。合併により、自社ブランドの取扱いがどうなるかは今後気になる所。特に気になるのはホイールですね。

Wiggelはcosine、CRCはPrimeというカーボンホイールを自社ブランドの売りとしています。個人的にはCRCのPrimeのほうが好きですが。合併吸収されたと言っても、通販サイト自体は独立したままです。それが今後サイト自体も合体してしまうのか、路線が分かれるのか、どうなるのかは分かりませんが・・・

※参考
cosine詳細記事はコチラ
Priem詳細記事はコチラ

V S

また、商品の値段も仕入先との関係性によって大きく変動してきます。
CRCで50%オフで安く取り扱われているイーストンのホイールEaston EC90 Aeroですが、これはCRCが長期にわたり大量に仕入れを継続してきたからこそできるイーストンとCRCの信頼関係の証でもあります。逆にWiggleはカンパニョーのロホイールがめっちゃ安かったりします。Bora ウルトラとか前後セットで20万円前半で売ってるし。(でも入荷したらすぐ売り切れる)

それぞれの強みや、取引先、カスタマーとの関係性を良い方向に活かしてこれからも通販展開してくれることを祈っていいます。

     記事一覧      前の記事▶
このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう。 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ