最強のおすすめバーテープ :リザードスキン

今までずっと気になっていたロードバイク用バーテープをようやく購入したので、そのインプレと紹介を書いていきます。

その超おすすめバーテープは
リザードスキン(Lizard Skins)シリーズ。

バーテープは通常1000円前後ですが、このリザードスキンは3000円程もする代物です。バーテープとしては高級品の分類でしょう。

スポンサーリンク

リザードスキンのインプレ

肝心のインプレですが、圧倒的なグリップ力!!これに尽きます。

リザードスキンの何が凄いかって、その名に恥じない圧倒的なグリップ力です。
とにかくグリップ力が他のバーテープを圧倒しています。

グローブの上からでも素手でも、つかんだ瞬間まったくズレません。全然スベりません。

本当にこれまでのバーテープでは味わえなかったようなハイグリップな存在です。
濡れててもスベりません。雨天時にはもってこいでしょう。

このハイグリップを実現しているのが、使用されている「DSP」という素材です。ゴムのように粘り強くグリップする素材、「DuraSoft Polymer」の略だそうです。

特にハイグリップの恩恵を感じるのはドロップハンドルで握った時。
ハンドルに手の力が直に伝わる感触がたまりません。

実際のインプレ記事

リザードスキン1.8mmのインプレ記事はコチラから

リザードスキンのバリエーション

また、このリザードスキンですが、厚さが大きく3種類あります。

  • レース用(1.8mm)50g
  • オールマイティ用(2.5mm)56g
  • 柔らかロングライド仕様(3.2mm)60g

私は中間の2.5mmを使用しています。オールマイティーにね。

厚さによる違いは主に「重量」と「ダイレクト感」

ダイレクト感とはまた曖昧な表現ですが、バーを握った時の力の伝わり具合といった所です。2.5mmは中間ですが、1.8mmと3.2mmでは結構感覚が違うようです。
ロングライド用の3.2mmは確かに柔らかすぎる感じがしました。レースでもツーリングでも楽しみたいという方にはやはり中間の2.5mmがおすすめでしょう。

また、厚さによってバーテープの模様(パターン)も若干違います。下の画像をご参照下さい。

豊富なカラーバリエーション

バーテープはやはり自分の自転車のカラーに合わせた色を選びたいですよね。カラーバリエーションも楽しみの一つです。リザードスキンのカラーバリエーションは豊富です。

もちろんロードバイクのカラーによりますが、個人的なおすすめカラーはレッド!赤!!です。赤の主張具合が大好きです。(笑

1.8mmは5色

(ブラック・ホワイト・グレー・グレー・ブルー・グリーン)

2.5mmは12色

(ブラック・ピンク・ブルー・レッド・ホワイト
グリーン・イエロー・オレンジ・チュレステ
コバルトブルー・ブラウン・ネオン(黄)

途中で色が変わるデュアルカラーモデルは4色

3.2mmは6色

(ブラック・ホワイト・グレー・グレー・ブルー・グリーン)

ちょっとお高めのバーテープですが、その値段に見合った性能は十二分に発揮してくれると私は断言できます。
消耗品といっても1年くらいは持ちます。今シーズンのバーテープはリザードスキンで決まりです。

2017/2/20記事追加

→リザードスキン1.8mmのインプレはコチラから

2017/9/21記事追加

リザードスキン1.8mmの新デザインを購入しました。
→そのデザインの違いとインプレはコチラから

スポンサーリンク

格安でリザードスキンを購入するには

最強のバーテープであるリザードスキンを格安で購入できるサイトを諸々探してみましたが、やはり行き着く先は海外通販サイトのWiggleです。

1.8mmはコチラを参照

2.5mmはコチラを参照

3.2mmはコチラ

Wiggleでの購入は確かに安いですが、カラーバリエーションが少ないことと、7000円以上でなければ送料が無料にならない点です。

お気軽に買うならAmazon

海外通販サイトの利用が面倒な場合は、やはり国内でAmazonを利用した方が便利かもしれません。

まぁ何万円もするものではないので、どちらか便利のよい方で購入してもよいでしょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ハンドル
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com