サイクルモード2018レポート

先日11/11(日)、毎年恒例の『サイクルモード2018』に行って参りました!

そのダイジェストレポート。

写真と共に。

スポンサーリンク

会場がいつもと違う!

今回のサイクルモードも会場は幕張メッセだったのですが、2015、2016、2017とは違うホールで行われていました。

過去は幕張メッセの1~4ホールを突き抜けて使用されていたのですが、今年は別館の9~11ホールで開催されていました。

何が違うかって、ちょっと規模が縮小されている感がするのです。

ホールの利用料も今年の9~11ホールの方が実は安め。

過去の1~4ホールの利用料(1日あたり)

各ホール 2,256,680円×4ホール
合計9,026,720円

今年の9~11ホールの利用料(1日あたり)

9ホール 3,009,600円+10ホール 1,504,800円+11ホール 1,504,800円

合計6,019,200円

 

1日あたり約300万円の削減です。

 

そういえば、今年は出典企業も例年より少なかったような・・・。

うーん、何かロードバイク人気に陰りが見える気がしますが、大丈夫でしょうか。。。

ひとまずこんな感じだったよ

と、まぁ気を取り直して、気になったブースの写真撮ったのでちらっと見てましょう。
(撮影許可済)

 

↓ピナレロブース↓
選手たちのサイン入り。

↓かっこよすぎ↓

↓VRでトラックレースが体験できるやつ。この未来感よ。↓

↓OGKカブトより、AERO R1の進化系「AERO V1」!!↓

 

↓噂のBORA WTO。BORAウルトラよりもブレードがだいぶ太いです。↓

↓キャットアイブース。ライトとスマホとが連動するSYNCシリーズ。ちょっと欲しいと思った。↓

↓シマノシューズブース↓

 

↓コチラはDMTというシューズ↓

 

↓ヨネックスの新しいカーボンロードバイクを間近で見ました!技術とフォルムは凄いです!でもこのロゴがどうしても個人的には違和感があります・・・↓

 

↓あいかわらずCANYONっぽいロード。かっこいい↓

 

↓憧れのサーヴェロS5↓

↓こいつは去年もいた↓

 

↓アスチュートサドルのフラッグシップ。全てカーボンで、100g切ってます。でも6万円近くするのよ。高すぎ~。↓

 

↓デ、デローザ社長!今年もいらっしゃいましたか!↓

 

↓ミノウラの3本ローラーの断面です↓

 

↓噂のカンパニョーロ12速コンポ!!ちゃんと12枚ある!!(あたりまえ)↓

スポンサーリンク

ディスクブレーキが多い

今回のサイクルモードで一番印象深かったことは・・・

 

ディスクブレーキモデルがかなり増えた!ということ。

明らかに昨年よりもホイールやコンポのディスクブレーキのラインナップが去年の倍くらいあります。

 

ヨーロッパの方では既にディスク化が主流であることに加え、各メーカー共にディスク化の技術も進歩し、キャリパー型よりもディスク化のメリットが多く顕著になってきました。

まだまだ日本においてはキャリパーが主流ですが、このロードバイクディスクブレーキ主流化の流れは止められないでしょうね。

ディスク化について、カンパニョーロのブース担当者の方に熱く語ってもらったので、その話はまた別途まとめてみようと思います。

 

以上、サイクルモード2018ダイジェストレポートでした!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

レース・イベント
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com