スタンドとポンプの合わせ技 トピーク トランスフォーマー

今更ながらフロアスタンドに注目してみたい。

ロードバイクの保管方法は、住んでいる場所や環境によって様々だと思います。
室内に置いている人。ベランダで自転車カバー掛けて置いている人。駐輪場に置いている人。(←これは危ない)

そんな中、ちょっとユニークなフロアスタンドを見てみたい。

それがトピークから出ている「トランスフォーマーXX」

2014年に出ているこの商品ですが、今更ながら見てみたいと思います。
このスタンドの特徴は何と言っても空気入れとスタンドが一体型になっていること!!

トピークならではのアイディア商品か!

トランスフォーマーの特徴

これ、キワモノとかネタ商品かと思いきや、結構便利だと思います。

細かい事ですが、室内保管している方で、空気をその場で入れたい方は非常に便利です。いちいちスタンドを空気入れを別々に持っていかなくてよいのです。

スタンド部分は折りたたんでコンパクトにすることも可能です。
これでレースイベントの際はスタンドと空気入れを省スペースに収納することができます。車で移動する方にとってはとても便利ですね。

また、空気入れとスタンド自体も分離可能です。
同じような商品に「トランスフォーマーX」がありますが、こちらはポンプとスタンドの分離ができません。XXのみ着脱対応です。自由度はXXのほうが高いでしょう。

ポンプの性能は・・・

肝心のポンプですが、そこはさすがのトピーク社ということで、レビューを見る限り性能に問題はなく、快適かつ正確なポンピングが可能なようです。

  • バルブは米式・仏式どちらとも対応。
  • メーターはポンプハンドル部分に設置。
  • 160PSIまで計測可能。
  • メーター表記はPSIとBARの両方。

自立型スタンドを使用していて買い替えを考えている。または自立型スタンドを買ってみようかと考えている方は、こちら検討の価値はあるかもしれません。

トピーク トランスフォーマーXXの購入は

トピークなので、海外通販サイトのWiggleに置いてあるかと思いきや、置いていませんでした・・・。もし置いていたら教えて下さい。。

お手軽に手に入れるには、Amazonか楽天でしょう。

Amazonでのラインナップはコチラから。

楽天はコチラからチェックして下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

メンテナンス・整備
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com