メイン画像
  1.  >  > 

ロードバイク花粉症対策サングラス・ゴーグル編

またまたあの季節がやってきました。多くのロードバイクライダーが抱えるの毎年の悩み。
そう、花粉症です。

花粉ヤバい

ロードバイクで外を走る以上、花粉からの攻撃は避けて通ることができません・・・。
私も2年ほど前から花粉症を発症し、外から帰ってくると目が真っ赤。かゆみが数日収まりません。鼻もひどいです。じゅるじゅるです。。。

前回の花粉症対策記事のマスク編に続き、今回はサングラス・ゴーグル編です。
前回は鼻の対策だったのに対し、今回は目です。

管理人の私もどちらかというと花粉症による目のかゆみが激しいです。

走っている最中はそうでもないのですが、家に帰ってから鏡を見ると目が真っ赤!!!そしてだんだんかゆくなってきて、目を擦ってしまいます。ほんとよくないですね。

マスク同様、目の花粉対策もバッチリ行っていきましょう。

花粉症が目に来る人必見!ロードバイク花粉症対策サングラス・ゴーグル

目に対する花粉対策に最も有効な手段は単純!目元を完全密閉です!!
もちろん普通のサングラスではだめです。隙間を作ってはいけません。
ロードスポーツ専用の花粉症対策サングラスまたはゴーグルを購入しましょう!

普通のサングラスじゃダメ

花粉症対策サングラス・ゴーグル選びのポイント

  • 目との間に隙間ができない密着タイプ

    →世の中にはなんちゃって花粉症対策サングラスが存在します。ちょっと目とメガネの隙間を厚くしたやつ。あれはダメです。意味ありません。だって隙間から余裕で花粉入ってくるんだもん。特にスピードが出るロードバイクは尚更です。ゴムや高密度スポンジ等で目の周りを密閉したサングラスまたはゴーグルを選びましょう。

  • サングラスをゴムバンドで固定できるタイプ

    →通常のメガネタイプの花粉症対策サングラスはこれまたあまり意味がありません。動いてると隙間ができやすいからです。ちゃんとバンドを使って頭の後ろから固定できるタイプを装着しましょう。

  • もちろんカッコよさも大事

    →マスクにも言えることですが、いくら性能のいいサングラス・ゴーグルでも、カッコ悪いのは嫌ですよね・・・。やはりロードバイクは見た目も重要!ロードバイクに相応しいスポーティーでカッコいいサングラス・ゴーグルを選びましょう。

おすすめ花粉症対策サングラス・ゴーグル一覧

スポーティで花粉症対策ができているサングラス・ゴーグルと言えば、おススメはこの2つです。

アディダス Pinner ゴーグル

これ最強です。
まったく花粉を寄せ付けません。目と鼻とゴーグルが完全密着!!
しかもレンズがつながっているため、視界もかなり広くなります。

バンドはシリコン素材を織り交ぜ、凸凹道でもずれることはありません。頭に直接でもヘルメットに直接でも装着可能です。
ロードバイク花粉対策では最強な最高のゴーグルです。

そこそこ高価なゴーグルの部類に入りますが、値段に見合った性能は持ち合わせています。

アディダスPinner

ロードバイク海外通販ネットショップの wiggleから最安値で購入可能です。
(楽天よりも10%程安いです。)
ゴツいですが、性能は間違いありません。

アディダス ID2 Pro ゴーグル

アディダスPinnerの上位互換。
紫外線をシャットアウト性能を高めた別のレンズが付属しており、簡単に取り換えができる機能がついています。
基本性能や花粉のシャットアウト性能は上のアディダスPinnerと同等です。
最高品位のゴーグルですが、レンズや細かい見た目にこだわりたい方は断然こちらがおススメです。

アディダスIDPro2

こちらもロードバイク海外通販ネットショップの wiggleから最安値で購入可能です。

ルディプロジェクト ガーディアン

アディダスよりもよりスポーティーな花粉症対策サングラスとしてルディプロジェクトからガーディアンをおススメします。

マットブラックの仕上げがメッチャカッコいいですね!!

もともと軍用に商品開発を進めていたメーカーだけあって、性能の高さは折り紙付きです。
何と言ってもうれしいのは、通常のサングラスタイプにもできるし、フレームを取り外してゴーグルタイプにもできるという汎用性の高さ。

しかも度付きレンズに対応です。
グラス部分に直接度を入れて、メガネと同様の感覚で使用することが可能です。
メガネを使用しているロードバイカーにとってはうれしい限りですね!

アディダスIDPro2

こちらは楽天のほうが安く買えます。

花粉対策サングラス・ゴーグルをつけて早速ライドへ

花粉症対策サングラス・ゴーグルを装着したら早速ライドしたいですね!
しかーし、目もつらいけど、花粉症で鼻もやられている人はマスクも必須です!!

ロードバイクにおける花粉症対策マスクをこちらに特集していますので、そちらも要チェックです!

あまりにもひどい日には室内トレーニング

あまりにも花粉がひどくて外に出たくない時は室内トレーニングするのも一つの手段です。

そんな室内トレーニングの強い味方となるのがローラー台。別名ロードバイクトレーナーです。
ロードバイク用ローラー台特集を書きましたので、室内トレーニングを考えている方は必須チェックです^^

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう! 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ