トップ画像01
  1.  >  > 

ロードバイク日焼け対策 ロングライドでの正しい日焼け止めの使い方

日焼け1

これから夏にかけてロードバイクを使ってロングライドに出かける方も多くなることでしょう。
私も通常の練習で50~100Kmくらい。ロングライドで100~200Kmくらい?走ることもあります。別記事で、ロングライドの必須装備エネルギーマネジメントについて書きましたが、夏場にかけては紫外線対策と服装にも要注意です。

一般的にも私の経験からも最も気を付けるべきポイントは

  • 紫外線による日焼け
  • 発熱、放熱
です。

今回は特に紫外線による日焼け対策とロードバイクでの日焼け止めクリームの正しい使い方について書きます。
発熱、放熱やウェア選びについてはまた別の記事にて詳細を書きたいと思います。

日焼け対策をしていないと大変な事になる夏のロングライド

日焼け2

夏になるにつれ、気温がどんどん上昇し、少しロードバイクで走っただけでも汗だくです。なるべく涼しいサイクルウェアを着て出かけたいですよね。おそらくほとんどの方が夏用の半そでウェアを着ることと思います。

もちろん、冬用のジャージでは夏場はオーバーヒートでしょう。
半そでウェアを着ることで、腕と脚は基本的に素肌が丸出し状態となります。私は以前、この腕と脚丸出し状態で5時間ほど走り、大変な状態になったことがあります。
そして招いた結果はハンガーノック・熱中症・ヤケド並の日焼けです。

そう、私は日焼け止めも何も塗っていなかったのです。
長時間のライドで日焼け対策は必須です。日焼け対策を甘く見ていると、その日の夜のシャワーの時に悲鳴を上げることになります。(なりました・・・)
対応策としては、日焼け止めを塗るか、アームカバー・レッグカバーを使用する事が挙げられるでしょう。
今回は日焼け止めの正しい使い方について詳細をば。

ロードバイクにおける正しい日焼け止めの使い方

紫外線による日焼けは肌へのダメージはもちろんですが、筋肉疲労の原因となります。ハードなロードレーサーやプロ選手になればなるほどしっかりと日焼けしている方がおおいものです。
プロの方々がかなり焼けているのは、長時間のライドと、レース中だと日焼け止めの塗り直しできないことに起因しています。
また、大量の汗をかいたりすれば日焼け止めは落ちてしまうので、数時間おきに塗り直すことが必要となってきます。
日焼け止めは量を惜しまずに基本的には白く残るくらい沢山塗ったほうがよいです。うっすらと塗っただけではあまり効果がありません。

では具体的にどのような事がロードバイクのロングライド日焼け対策でポイントなのかを見ていきましょう。

日焼け3

日焼け止めを塗る場所

顔・首・腕・足

→基本的にはウェアに覆われていない部分にしっかりと塗りましょう。
顔、首に塗る場合は、手のひらに一円玉ほどの日焼け止めを落します。
そして手にたっぷり取り顔、首にぬった後で日焼け止めを伸ばしていきます。手の平で伸ばしたあとに塗ると、万遍なく塗ることができないので要注意です。

日焼け止めの種類

マーケティング上、日焼け止めは女性用とか男性用とか分かれている場合がありますが、基本的に大した差はありません。
たぶん女性用のほうがサラサラしてる使用感ではないでしょうか。こちらについては女性・男性で特に区別して使用する必要はないと思います。

自転車に適した日焼け止めの強さ(SPF値)

日焼け止めには紫外線を防ぐ強さを表す値(SPF値)があります。

  • 通常生活→SPF10 ~ 20、PA+
  • ちょっとしたスポーツ向け→SPF20 ~ 30、PA++
  • 激しいスポーツ向け→SPF30 ~ 50、PA+++

ロードバイクは運動量もパワー消費も大きいので、最も強いSPF30~50、PA+++を使用するとよいでしょう。

日焼け止めを塗る頻度

ロードバイクは多くの汗をかきます。もちろんウォータープルーフの日焼け止めを使って頂きたいです。
一般的なウォータープルーフの日焼け止めは80分の耐水テストをクリアしているようですが、ロードバイクは通常の運動よりも汗を各場合が多いので、多く見積もっても60分に一度は塗り直したほうがよいかと思います。

基本的にはロングライドの休憩時・エネルギー補給時に塗りなおすイメージです。
塗りなおす際はしっかりと汗を拭きとってから塗りなおしましょう。

快適な夏ライドを過ごすためにも日焼け止めは必須ですな!
今年は私も失敗しいようにします・・・。

ロングライド日焼け対策まとめ

ロードバイクにおいて日焼けを防ぐためには・・・

  • SPF30 ~ 50、PA+++の日焼け止めを選ぶ。
  • 顔、首、腕、足に日焼け止めを塗る。
  • 惜しみなく白く残るくらいしっかりと塗る。
  • 最低1時間おきに塗りなおす。

ちなみに私がよく使用している日焼け止めは
アネッサ・パーフェクトUVサンスクリーンAA
とかカネボウアリー エクストラUVジェル(ミネラルモイスト ネオ)
あたりをよく使用します。

どちらもウォータープルーフです。

次回はアームカバーやウェア類の記事を書きたいと思いますので、お楽しみに~。

このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう! 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ