フルクラムレーシングゼロ ナイト(Nite)カッコよすぎ

硬くてよく進む・回るで有名なフルクラムのホイールレーシングゼロですが、ちょっと前(2014年冬)にレーシングゼロの新バージョンナイト(NITE)」が発売されましたね。
今更ですが・・・これカッコいいな!!!

アルミホイールではかなり評価の高いレーシングゼロですが、これまでと何が違うかというと・・・。

  • リムの表面が何か凄くなった
  • バットマンっぽくてカッコいい
  • ノーマル版がお買い得になった

では、それぞれどういうことか見ていきましょう。

スポンサーリンク

リムの表面が何か凄くなった

今回、リムがより黒くカーボンっぽくなりました。

「プラズマ電解酸化処理」とかいう処理のお陰らしい。
プラズマ電解酸化処理って、金属を酸化させて三層構造の結晶を形成。表面硬度や磨耗に対する耐久性を高めることで、ドライでもウエットコンディションでも、制動距離をこれまでより減少させるブレーキ面が作り上げられているそうです。

・・・???何か難しい言葉が並んでいますが、要するに、「表面が何か凄くなってブレーキ性能が大幅に向上した!!!」です!

ちなみに、リムを特殊加工しているので、専用のブレーキシューが必要です。ここ注意。

なお「プラズマ電解酸化処理」でググったら、こちらのテクノ工業株式会社さんのページで「プラズマ電解酸化皮膜」についてそれっぽい説明が載ってたので、参考にリンクを貼っておきます。

プラズマ電解酸化皮膜 byテクノ工業株式会社

バットマンっぽくてカッコいい

実物を見たらわかるのですが、こいつかなりカッコいいです。マットブラックのリムとハブで高級感がかなりUPしています。リムのロゴがシールで作られているホイールが悲しいくらい安っぽく見えます。なんかバットマンっぽいデザインで、男心をくすぐられます。黒っぽいデザインが好きな方は「うおーー」とくるデザインでしょう。

ノーマル版がかなりお買い得になった!!

個人的にはこれが一番ポイントです!!!

ナイト(Nite)バージョンが発売されたことで、ノーマル版がかなり安くなりました。

Amazonとかで買うとまだまだ高いですが、Wiggleだと普通より20%くらい安いです。

ここまでレーシングゼロナイトを持ち上げておいて何ですが、コスパを考えると、ノーマル版を買ったほういい気がします。
ナイトが15万くらいなので、差額5万くらい安いです。新しいブレーキング性能とデザインに5万払うかどうか、分かれるところかと思います。

ロードバイクで金銭感覚崩壊している方はナイトを買って下さい(笑)

と、いう事で、新しいレーシングゼロの記事を書いておきながら、私はノーマル版のフルクラムレーシングゼロを購入予定リストへ。

これは買いです。はよ欲しい~。

スポンサーリンク

レーシングゼロが向いているヒルクライム

レーシングゼロは一般的に「硬い」ホイールと言われています。

おすすめの使用シーンはヒルクライムや決戦レースです。硬いホイールは脚の力をダイレクトに伝えてくれるため、パワーが必要なヒルクライムや、決戦レースに向いています。

逆に、硬いと衝撃吸収性は低くなるので、長時間乗るロングライドにはあまり向いていないかもしれません。

ロングライドであれば定番はシマノデュラエース C24とかがおススメですね。丁度良い柔軟な走り心地が期待できます。

デュラエースは国産品なので、WiggleよりAmazonで買った方が安いかと思いましたが、こっちもWiggleの方が安かった・・・

2015/7/8追加記事

レーシングゼロとナイトの各インプレ・レビューを集めてみました。
コチラの記事から併せて参考にしてください。

2015/7/2追加記事

最初のホイールカスタマイズとして多くの人気を集めているカンパニョーロ ゾンダのインプレ・レビューをまとめました。
コチラの記事から併せて参考にしてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ホイール
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com