COSINE:8万円台のフルカーボンディープリムホイール

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine-55mm-full-carbon-clincher-wheelset/

今回2015年の11月にWiggleから発表された社内レーベルCOSINE(たぶんコサインと読む・・・)ホイールに注目します。

「COSINE・・・?」と初めて聞いた方もいらっしゃるかもしれません。sin(サイン)、cos(コサイン)、tan(タンジェント)・・・と思い出したくもない高校の数学を思い出させてくれるこのホイールは、Wiggleで独占販売している超低コストフルカーボンホイールです。

スポンサーリンク

FLOに対抗してか・・?フルカーボンホイールの価格競争

昨年、2014年に驚くべき価格でカーボンディープリムホイールを発表したFLOのホイールが一時話題になりました。FLOのホイールもこれまでのカーボンディープリムの価格常識を打ち破る価格設定でした。リムハイト90~30mmとディスクホイールのライナップで10万前後の価格帯でした。(生産待ちで手に入りにくい状態でした。)

そのFLOホイールに対抗するかのように現れたのが今回Wiggleから発表されたCOSINEフルカーボンホイールです。何と前後セットで8万円台のフルカーボンディープリムです。(時期によって割引価格は変動します。都度コチラの商品一覧からご確認下さい。)
通常カーボンホイールといえば価格20万を超えるくらいが常識的な価格帯でした。マビックやカンパニョーロといった有名メーカを指しのけて、よりライトな層にカーボンホイールが手に入るような流れになってきているように見えます。

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine-55mm-full-carbon-clincher-wheelset/

Cosineホイールの基本特徴

先ほどFLOのホイールを例に挙げましたが、今回のCosineはフルカーボン製です。(アルミのライナップもありますが)。その分重要にも優位性が見られます。

FLOはリムがアルミだったのに対しCOSINEはリムもカーボン製となります。フルカーボンはリムハイト30mm、45mm、55mmの3ラインナップです。

リム

リムの幅は共通して23.4mmです。カーボンパターンなしのマットカーボン仕上げです。
リムの形状はそれぞれこんな感じ。

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine-55mm-full-carbon-clincher-wheelset/

ハブ

仕様によると、ハブ自体は普通(?)のアルミハブ。ベアリングや細かな構造はデータがないので不明でした。。。

画像出典:http://road.cc/content/tech-news/171064-first-look-wiggle-launch-%C2%A3600-cosine-carbon-wheels

スポーク

スポーク数は共通してフロント20本、リア24本です。画像から判断するに、細いきし麺状のエアロスポークのようです。(アルミ板は丸スポーク)

デザイン

FLOは好みによってロゴのカラーパターンを選択することができましたが、Cosineにはそんなオプションありません。ブラックのバックにホワイトで「Cosine」とロゴが打ってあるシンプルなデザインです。

対応コンポ

シマノとSramの10速、11速に対応。
(10速は専用スペーサーが付属)

スポンサーリンク

COSINEホイールのラインナップ

COSINEホイールのラインナップは5つに分かれます。
フルカーボンクリンチャー3つ。アルミクリンチャー2つです。

→Wiggleでのラインナップはコチラから

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine-55mm-full-carbon-clincher-wheelset/

重量:1752g(前後)
リムハイト:55mm
価格:8万~9万円台(前後セット)

COSINE フルカーボンクリンチャー45mm

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine-45mm-full-carbon-clincher-wheelset/

重量:1660g(前後)
リムハイト:45mm
価格:8万~9万円台(前後セット)

 

COSINE フルカーボンクリンチャー30mm

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine-30mm-full-carbon-clincher-wheelset/

重量:1520g(前後)
リムハイト:30mm
価格:8万~9万円台(前後セット)

 

↓一応アルミクリンチャーもあります↓

COSINE アルミクリンチャー32mm

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:1485g(前後)
リムハイト:32mm
価格:3万~4万円台(前後セット)

 

COSINE アルミクリンチャー23mm(ディスクブレーキ)

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:1506g(前後)
リムハイト:23mm
価格:2万5000円程(前後セット)

まとめ:COSINEレビューは評価高め

画像出典:http://www.wiggle.jp/cosine-55mm-full-carbon-clincher-wheelset/

まだ発売されて間もなく、購入者も少ないことから2015年12月時点ではレビューやインプレ数もまだまだ少ないです。ただ、Wiggle上のスタッフレビュー評価はかなり高めです。(Wiggleスタッフだから当然か・・・)

価格帯と性能的な面から、カンパニョーロBullet 50カーボンとよい対抗馬となるかもしれません。仕様上、重量等はさすがにBora Ultraレベルには匹敵しないものの、コストパフォーマンス的に考えると、これまでフルカーボンディープリムに手が出なかったユーザーにとってはダークホースとなるかもしれません。

性能はまだ未知数な所もあり、初めてフルカーボンディープの購入を検討している方にとってはちょっと冒険的なホイールとなるでしょう。FLOホイールに次いで、価格的には驚くべき破壊的価格となります。これからの評価が非常に楽しみなホイールです。

そして大手メーカーの対抗馬として今後のカーボンホイールの動向を左右する存在となってくれることを楽しみにしています。

→Wiggleでの詳細やレビューはコチラから

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ホイール
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com