タイオガ スパイダーの基本スペック

奇抜なデザインと超軽量で賛否両論のタイオガサのドル「スパイダーツインテール」を購入してみました。
スパイダーツインテールを装着して100kmほど走ってみたインプレ・レビュー的なのを書きます。

購入品
タイオガ スパイダー ツインテール
ブラック
140g

スポンサーリンク

結論「私には合わない」

結論からいうと「私には合わなかった・・・」です。

タイオガのサドルはその独特の形状から賛否両論分かれるようです。「ジャストフィット!!!」という方もいれば「ダメだこりゃ・・・」となる極端な例。私は後者でした。

項目別の感想

「重量」「デザイン」「乗り心地」の3点において見ていきましょう。特に重要なのは最後の「乗り心地」です。

重量

★★★★★
これに関しては流石の軽さです。
以前使用していたサドルはADAMO Racingでした。ADAMO Racingは290gあるので、150gのマイナスです。持った感じもかなり差が出ます。

デザイン

★★☆☆☆
こちらも賛否両論ですが、自分のロードバイクには合ってないと思いました。
(あくまで主観なので参考になるか分かりませんが)タイオガ スパイダーツインテールはサドルが樹脂でできているので、見た目はちょっとプラスチックに近い感じです。言い方を変えればちょっとおもちゃっぽい。

私のフレームはマットブラックのカーボンフレームなのですが、マットブラックにプラスチックは違和感がありました。

ただ、これは好みの問題です。
タイオガ独特の軽そうで穴なきの概観がマッチする!!という方も大勢いらっしゃるでしょう。これは実際に自分のロードバイクに装着してみないと何とも言えません。

乗り心地

★★☆☆☆
さて、一番の焦点はここです。
個人的な所感としては「ゴツすぎた」です。

形状としては坐骨部分が少しせり上がっているSMPと似ているのですが、表面はオール樹脂製なので、当然クッション性は皆無です。

私のように痔を持っていたり、坐骨の痛みに敏感な方は正直おすすめできません。

最初の数十kmは問題ないかもしれません。ただ、明らかに100kmを超えるロングライドや、トレーニングのための常用サドルではないと感じました。

お尻周りに特に問題を抱えていない方であれば、あるいはフィットするサドルかもしれません。

まとめ

やはり個人差がかなり出るサドルだと思います。
個人的な結論としては「確かに軽いが、ロングライドや常用サドルとしては向いていない」でした。ただ、やはりこの軽さは他のサドルでは得ることのできない特徴です。
クリテリウム・ヒルクライム等、限られた決戦レースで使用してみるのはアリと思います。

スポンサーリンク

購入時の注意点:偽物に要注意

このタイオガのスパイダーですが、ネット通販には偽物がかなり多く出回っています。

スパイダーの定価は13000円くらいですが、偽物は5000円程度で売っている場合が多いです。

以下、偽物の特徴です。

  • 本物はレールがチタン含有クロームニッケル中空レール(軽合金)でマグネットが付かないが、偽物はスチール製でマグネットが付く。
  • 本物のレールには「Hollow Compositte Alloy」と刻印されているが、偽物は何か別の文字がある。
  • 本物のレールはチタンの表面がむき出しだが、偽物は何かしらコーティングされている場合がある。
  • 本物はサドルの裏面に製造年月日が刻印されているが、偽物は刻印がない。
  • 本物は座面の後端中央の三角形の凹部に刻印がある、偽物はない。
  • 本物はレールに折り目がない、偽物はある。
  • 本物はレールの表面がツルツル、偽物はザラザラ。
  • 本物はロゴが簡単には消えない、偽物は簡単に消える。
  • 本物は座面を指で押した程度では容易にはたわまない、偽物は容易に全体がたわむ。
  • 本物はだいたい一万円前後、偽物はだいたい六千円前後。

一番目から三番目は容易に確認できます。

なお、現在はマグネットが付かない偽物もあるそうです。偽物も進化していますので、常に最新情報で確認しないと真贋を判定できないということになってしまってます。

また、見分けのつけにくい偽物の他に、ロゴから全く別物の偽物・・・というか類似品も出回っているので、要注意です。

例えば、こちらのスパイダーとは、もう別の商品としてみた方がいいかもしれません。
(何と1,000円!!!)。
そもそもロゴ違うし。

難しいことに、Amazonは偽物スパイダーの巣窟となってしまいました。
1万円を超えるタイオガスパイダーでも、実は偽物だった・・・という事が多くあるようです。

こちらから購入してはいないので、真実の程は分かりませんが、「正規品」と書いている商品でも偽物だったりします。

例はコチラ

また、「平行輸入」品は十中八九偽物の可能性が高いようです。

この商品に関してはAmazon経由で購入しない方がいい部類かもしれません。。。

Wiggleに関しては取扱いがありませんでした。残念。

当サイトでは基本的にAmazonや海外通販での格安購入をススメていましたが、タイオガのサドルについては実店舗で購入した方がいいかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

サドル
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com