COSINE(コサイン)サドル比較。データからおすすめできるのは?

ロードバイクの海外通販サイトWiggleのプライベートブランドであるCOSINE(コサイン)。前回コチラの記事でCOSINE(コサイン)のホイール特集を行いましたが、今回はCOSINE(コサイン)サドルです。ホイールに続きサドルまでラインナップがそろいましたね^^

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

スポンサーリンク

かなり評価の高いCOSINEサドル

2016年2月現在、COSINE(コサイン)のホイールはまだ購入者も少なく、インプレデータも少ないのが現状です。それと比較してCOSINE(コサイン)のサドルは比較的購入者が多く、使用感もだいぶ明るみになってきました。その要因として価格の安さが挙げられるでしょう。Wiggleのプライベートブランドだけあり、同じようなグレード帯のサドルに比べてかなり低価格なのが特徴です。

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

COSINEサドル7つの種類

COSINE(コサイン)のサドルは全7種類のラインナップです。(一応)ハイエンド2種類、ミドルグレード3種類、レディース2種類です。主な違いはサドル形状とレースの素材です。なお座面は全て防水加工されています。

COSINE TIエンデュランスサドル

サドル中央に浅い凹凸があり陰部の圧迫を避ける。サドル後部がせり上がっており、坐骨を支えやすくなっている。ロングライドに強い。

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:226g
レール素材:チタンとクロム合成
座面素材:ナイロンファイバー
パッド素材:高密度EVA

Wiggleでの詳細と動画はコチラ

COSINE TIスプリントロードサドル

サドル形状は平らで、やや斜め前に落ちる形。クッション材は最低限。前傾姿勢が取りやすく、スプリントやタイムトライアル向け。

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:245g
レール素材:チタンとクロム合成
座面素材:ナイロンファイバー
パッド素材:高密度EVA

Wiggleでの詳細と動画はコチラ

COSINE ロードサドル

汎用タイプ。レースから普段走行まで使えるバランス設計。実はCOSINEサドルの中で最も軽量。

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:224g
レール素材:チタンとクロム合成
座面素材:ナイロンファイバー
パッド素材:(データ無し)

Wiggleでの詳細と動画はコチラ

COSINE アロイスポーツサドル

サドル形状は平らで少し前傾。レースやスプリント向き。パッドは厚め。

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:246g
レール素材:アルミとクロム合成
座面素材:ナイロンファイバー
パッド素材:ポリウレタン

Wiggleでの詳細と動画はコチラ

COSINE クロモリスポーツサドル

サドル形状は山なり。中央に深い溝があり、パッドは厚め。重量も重く、街乗りやホビーライド向け。

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:254g
レール素材:クロモリ
座面素材:ナイロンファイバー
パッド素材:ポリウレタン

Wiggleでの詳細と動画はコチラ

COSINE レディースロードサドル

女性向けロードサドル。厚手のパットと穴あき溝。ロングライド向け。でも男でも別に使えるよ。

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:327g
レール素材:クロモリ
座面素材:ナイロンファイバー
パッド素材:高密度EVA

Wiggleでの詳細と動画はコチラ

COSINE レディースコンフォートサドル

最もパッドが厚くクッション性が高い。シティライド、ホビーライド向け女性用モデル。でも男でも別に使える。

出典:http://www.wiggle.jp/cosine/

重量:365g
レール素材:サテンスチール
座面素材:ナイロンファイバー
パッド素材:デュアルデンシティフォームパッド

Wiggleでの詳細と動画はコチラ

スポンサーリンク

どのCOSINEサドルがおすすめなのか?

これらのラインナップからすると選択肢は2つだ。COSINE TIエンデュランスサドルかCOSINE TIスプリントサドルです。その中でも個人的にはCOSINE TIエンデュランスサドルが最もコスパよく感じます。最も幅広く使用できるからです。スプリントサドルはレース向けとありますが、本当にレースに向けて使用するのであればSELLA SMPのハイエンドモデルにはさすがに勝てません。

重量から比較するにCOSINE TIエンデュランスサドルはSELLA SMPのミドルグレードであるSMP エボリューション SMP ドラコン とよい勝負となります。しかし価格の低さが圧倒的です。SMPエボリューション、SMPドラコンは2万円近くの価格帯に対し、COSINE TIエンデュランスサドルは約5千円。4倍近くの価格差があります。

もちろん重量だけでは測れない座り心地やフィッティング性はあるでしょう。Wiggleの社内ブランドだとしてもハイエンドモデルでこの価格帯は驚くべき勝負でしょう。

COSINEサドルのインプレ

WiggleのCOSINE(コサイン)サドルのインプレをコチラから参照してみて下さい。COSINE TIエンデュランスサドル、COSINE TIスプリントサドル共に5点満点に近い高評価です。やはりこのコストに対して性能の高さがうかがえます。特にフィット感や耐久性に対しても難がなく、なぜこんなに安いんだ?という疑問が湧いてくるくらいです。Wiggleからの社内ブランドのため、販売価格が大きく抑えられています。正確な製造委託先は不明ですが、Wiggleでのマージンを取る必要がないため、COSINEサドルは高いもので5千円程ですが、他ブランドの価格帯でいうと1万円台の価格帯サドルに該当すると考えていいでしょう。

これまでの良いサドル=高価。という常識を覆す一役になるかもしれないCOSINE(コサイン)サドル。COSINE(コサイン)ホイールに引き続き、なかなかやりますねWiggleさん。COSINE(コサイン)ブランドの今後が楽しみです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

サドル
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com