セラSMPサドル: ロングライドでも使えるモデルは?

サドルを探している方であれば必ずと言っていいほどたどり着くサドル。
それがセラSMPシリーズでしょう。

独特の形状と性能でロードバイクのレースシーンを支えるこのSMPシリーズは、最もユーザー数の多いサドルの一つだと思います。

しかし、このSMP、ラインナップが多すぎて、どれを選べばいいか分からない!!
・・・なんてことありませんでしょうか。

SMPは実に30種類以上ものラインナップがあり、細かく性能が分かれています。完全にレース仕様で使用したい!!という方はフルカーボンモデルのSMP フルカーボン ライトやパッドが入っていない超軽量モデルを選ばれることでしょう。

しかし、完全にレース仕様はちょっと・・・。ロングライドでもSMPで快適に走りたい。
という方も多いことでしょう。

そんなSMPは使ってみたいけど、レース以外でも使いたい!!という方のためのおススメSMPを紹介します。

スポンサーリンク

ロングライドでも使えるSMP

そもそもSMPシリーズ共通の特徴として、大きく2点あげられます。

  • サドル中央の大きな穴
    →尿道部や陰部の圧迫を防止する役割
  • 前方と後方の窪みカーブ
    →骨盤のソリとフィットし、
    接地面を増やすことで座骨への負担を少なくする役割

これら2点は全てのSMPに共通したコンセプトです。

ロングライドに必要なクッション性

ここが大きな違いです。レース仕様のSMPは軽量化と余計な機能を省くため、クッションとなるパッドは入っていません。

私も体験で使ったありますが、フルカーボンモデルはめちゃくちゃ硬いです。マジで。

レースでは問題ないですが、やはり数100km走ったり長時間走る状況にはあまり向いていません。 そこで、通常使用またはロングライドで使用するSMPにはパッド入りのSMPを選ぶようにした方がよいでしょう。

パッド入りSMPのおすすめラインナップ

パッドが入っているSMPで、レースでもロングライドでも使用できるライナップはこちらです。
下に行くほどパッド部分が厚くなります。ただし、その分重さも増します。

SMP EVOLUTION (エボリューション)

ナイロンサドルベースに8mm×9mm厚の薄手のエラストミックパッドを追加したスポーツモデル。レール部分がカーボンのモデルもあります。

  • カラー:ブラック・ホワイト・赤・青・黄・緑・ライトグリーン
  • 重さ:通常モデル 230g
  • 重さ:カーボンレール 180g

Wiggleでの詳細はコチラを参照

※Wiggle在庫切れの場合はCRCがお得です。(→コチラ)

 

SMP DRAKON (ドラコン)

エボリューションよりもう少し分厚いパッド。そして少し幅広サドル。

  • カラー:ブラック・ホワイト・赤・青・黄・緑・ライトグリーン
  • 重さ:285g

Wiggleでの詳細はコチラを参照

※Wiggle在庫切れの場合はCRCがお得です。(→コチラ)

 

SMP LITE 209 (ライト209)

もっとも分厚いパッド、ドラコンと同じ幅

  • カラー:ブラック・ホワイト・赤・青・黄・緑・ライトグリーン
  • 重さ:330g

Wiggleでの詳細はコチラを参照

※Wiggle在庫切れの場合はCRCがお得です。(→コチラ)

これ以外の上位モデルと下位モデルは??

SMPはグレードによって分かり安いくらいに価格帯が大きく異なります。
仕様目的にもよりますが素材以外の大きな違いはパッドの有無と先端の横幅です。

一覧。↓基本的に上から順にグレードが高いです。

①完全レース仕様モデル群
20,000~45,000円
パッド:無し②のモデル群
先端:細い

    主要モデル一覧:

  • SMP フルカーボン ライト
  • SMP フルカーボン
  • SMP カーボン ライト
  • SMP カーボン
  • SMP フォーマ
  • SMP CHRONO
  • SMP コンポジット

②レース&通常ライド兼用モデル群
23,000円くらい
パッド:あり
先端:細い

    主要モデル一覧:

  • SMP ダイナミック
  • SMP エボリューション
  • SMP ドラコン
  • SMP AVANT
  • SMP ライト 209
  • SMP Hell(ヘル)

③街乗り仕様モデル群
10,000円前後
パッド:あり
先端:細い

    主要モデル一覧:

  • SMP ハイブリッド
  • SMP エクストラ
  • SMP TRK マン
  • SMP TRK マン ゲル
スポンサーリンク

街乗り仕様モデルは使えるか?

結論から言うとあまりお勧めはできない気がします。

パッドが入っているのは嬉しいのですが、先端部分が太いこともあり、内またがスレます。 長時間のライドの場合はスムーズなペダリングに支障がでる場合があります。

こちらは完全にシティサイクル向けと考えるべきでしょう。

結局兼用SMPモデルでおすすめは?

レースと通常仕様またはロングライドでも兼用可能なSMPでおススメするのは
SMP LITE 209 (ライト209)です。(・・・個人的にロングライドをする機会が多いので多少のバイアスがあるかもしれませんが)

ただし、レーサーパンツにパールイズミの3Dメガパッド等の分厚いパッドを採用している場合は、SMP EVOLUTIONでもちょうどいいかもしれません。

格安での購入は・・・

国内であればAmazonで気軽に手に入ります。早いし。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

サドル
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com