ビンディングペダル初心者向け?フラットペダル兼用モデル

ロードバイクを始めたからには必ずたどり着くであろうビンディングペダル。

引き足をつかえて、パワーの伝達も大きく変わる一方「こけ易い」「難しい」など、ロードバイク初心者にとってはちょっとした壁があるかと思います。

そんなビンディングペダル初心者にもってこいなのが、フラットペダル兼用可能なビンディングペダルです。

ロードに使えるビンディングペダルはメーカーによっても様々な種類があります。
今回紹介するのは製品としてはSPDと呼ばれる分類です。
勘違いしやすいですが、SPDというのはシマノが制作してるビンディングペダルの規格のことです。(他のメーカーのビンディングペダルにSPD・SPD-SLといった区別はありません。) SPDとSPD-SLの詳しい違いについては別記事にて記載します。

簡単にいうと・・・

  • SPD
    →もとはマウンテンバイク用のビンディングペダル。2つの点でシューズとペダルを繋ぐ感じ。
  • SPD-SL
    →ロードバイク用にSPDを改良したモデル。3つの点と面でペダルを固定する感じ。レースの主流はこれ。
スポンサーリンク

シマノPD-A530

これが片面フラットペダルのSPDビンディングペダル。シマノPD-A530です。
私も最初はこれ使っていました。

「片面フラペ」「ロードでSPD」というと、上級者の方々からは「絶対SPD-SLのほうがいいよ・・・」という声も聞こえてきそうですが、私はこの片面フラペのSPDでも十分な性能を果たせると思っています。

特にビンディングペダルに対する最初のとっかかりと、市街地でもちょっとランニングシューズで出かける場合、片面フラペの汎用性の高さが光ります。

個人的な感想ですが、SPDでレースに出ても全く問題はありません。
もちろん、軽さや空気抵抗と気持ちの入れようでは、ロード用のSPD-SLのほうがよい!という方もいらっしゃるでしょう。しかし、「ちょい乗り」やこれから自転車を本格的に初めて見よう!という初心者の方々にもビンディングペダルで気軽にロードの楽しさを知ってもらうという点においては、フラットペダル兼用のビンディングを推進したい所存です。

まずはフラットペダル兼用のビンディングペダルから始めてみるのもよいのではないでしょうか。

色は黒とシルバーの2色があります。
自転車の色との合わせによりますが、ペダルなので、傷は入りやすく、黒は色がはがれやすいので、ちょっと注意です。

最も安く手に入るサイトは?

海外通販サイトのWiggleでも購入は可能ですが、シマノは国内メーカーのため、Amazon楽天で購入した方が安く購入可能です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ペダル
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com