初ホイールカスタマイズの予算アンケート結果

先日2015/11/18~2015/11/21の間に当サイトにて募集させて頂いたコチラの「初ホイールカスタマイズの予算はいくらだった?」アンケートですが、皆様の暖かいご協力により集計結果が出たので発表させて頂きます。 ご協力本当にありがとうございました。

アンケート回答数・・・115票

  • 5万~10万円未満・・・44票(37.3%)
  • 3万~5万円未満・・・40票(33.9%)
  • 1万~3万円未満・・・10票(8.5%)
  • 10万~15万円未満・・・10票(8.5%)
  • 15万~20万円未満・・・8票(6.8%)
  • 良いものがあれば特に上限なし・・・3票(5.1%)
  • 30万円以上・・・0票

おお!予想以上に多くの皆様回答して下さり、私は大変感動しております。。。
正直20回答くらい得られればいいな・・くらいに思っていたので予想以上の結果でテンション上がっています。年齢も何も設けていないので、統計としては体をなしていないかもしれませんが、この結果を基に今後の記事でも有益な情報を提供できればと思います。

スポンサーリンク

予想通り予算5万~10万円が最多でした

今回はあくまでも完成車に初期装備されているホイール(いわゆる鉄下駄)から初めてホイールをカスタマイズした際の予算アンケートです。
上位2つは拮抗していますが、予算5万~10万円が最多という結果になりました。

海外通販で買うか国内通販で買うか店舗で買うか

この5~10万円という基準はどこでホイールを買うかによって手に入るホイールのグレードが大幅に変わります。

例えば有名処でカンパニョーロZONDAを例に挙げてみましょう。

ZONDAは現在定価で約62,000円程ですが、Amazonや楽天等の国内通販の場合は5万円を超える場合が多いです。しかしWiggleでの価格は通常価格より常に30%以上の割引となっており、高い時でも45,000円程度です。wiggleで特価の時は40%オフ以上で37,000円を切る場合があります。(これはセール時期によって異なります。)

私が購入したカンパニョーロシャマルウルトラも同様です。シャマルも定価であれば15万円近くなるホイールとなりますが、Wiggleでのセール時期であれば9万円代、つまり10万円以下で手に入れることが可能でした。

他の製品もそうですが、やはりホイール等のある程度高価なパーツに関しては、未だに海外通販の恩恵がかなり大きい状況です。

今回のアンケートの結果ではやはり最初のホイールカスタマイズの予算は上限10万円くらい、という結果が得られました。予算から選ぶとすると、やはり最初はアルミクリンチャーホイール(前後セット)のミドルグレードかちょっと上級グレードがねらい目となりそうです。

定番のラインナップ

私の中で通常であれば10万円以上ですが、海外通販サイトのWiggleで10万円以下程度 で手に入りそうなおすすめホイールはやはりこのラインナップとなります。

Wiggleではないけど、Amazonでお手軽に手に入る10万円くらいのやつ

スポンサーリンク

初ホイールカスタマイズ予算まとめ

初めてのホイールカスタマイズには様々な葛藤が生じることでしょう。一般的な判断基準は次のようになりました。

  • 初ホイールカスタマイズの予算は10万円以内が多い
  • アルミクリンチャーのミドルクラス~ちょっとハイグレードクラス
  • 海外通販を利用して割安で手に入れる

予算はあくまで予算です。
自分が気に入ったホイールを買うに越したことはありません。
ホイールの恐ろしい所ですが、新しいホイールを買うと、よりグレードの高いホイールを試してみたくなる欲求が沸々と湧いてくることです・・・。10万・・20万・・・30万・・・だんだん金銭感覚が崩壊していきます。(笑)

ただ、初期装備ホイール(いわゆる鉄下駄)からのホイール交換の場合、金額的に5万円以上(ZONDA以上?)のホイールであれば、確実に性能は向上します。走り方も変わりますし、スピードの伸びにも感動することでしょう。
そのワクワク感を忘れずにロードバイクのカスタマイズに臨みたいところですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

ホイール
スポンサーリンク
この記事をシェアする
ロードバイク徹底比較.comをフォローする
ロードバイク徹底比較.com