トップ画像01
  1.  >  > 

2017年新型シマノデュラエースR9100のまとめ

duraace04

画像出典:shomano

2016/6/30いよいよシマノの次期2017年モデルとなる新型デュラエースが公式発表されました。公式発表前にもいろいろと情報はリークされていましが、ようやく正式解禁となりましたね。

9度目のモデルチェンジとなる今回の2017年版新型デュラエースの型番は「R9100」全部表記するとShimano Dura-Ace R9100。ノーマルな機械式と、電動式の2種類。そしてデュラエース初のディスクブレーキの登場や、最も注目されているシマノ製パワーメーターの登場など、盛り沢山ですね。発売は機械式が2016年11月、電動が2017年2月です。

既に多くの新デュラエース情報がweb上に溢れているため、当サイトで改めてまとめる必要もないかもしれませんが、注目度の高い点を見ていきたいと思います。

やはり注目のシマノパワーメーターR9100-P

新型デュラエースR9100のクランクは結構大きく変わった印象があります。デザインも色も。クランクアーム4本がより太くなり剛性を高めています。でも現行タイプより7g軽いそうです。

クランクにはノーマルタイプとパワーメーター内蔵タイプがあります。やはり今回大きな目玉となるのはシマノ初のパワーメータでしょう。正式品番は「FC-R9100-P」。左右のクランクアームの間にセンサー設置するデザインです。

↓パワーメータ無しタイプ↓

duraace05

画像出典:shomano

↓パワーメーター付きタイプ↓

duraace05

画像出典:shomano

このパワーメーターですが、現状では本当に「左右それぞれのワット数(パワー)を計測するだけ」という情報しかありません。パイオニアペダリングモニターなどの専用のモニターや解析ソフトについてはまだ発表されておらず、ペダリング効率などどこまで詳細な情報が解析できるのかはまだ明らかになっていません。

ただ、通信方法はBlutoothとANT+による通信が可能です。詳細解析は主にBluetoothを使った通信方法になると思いますが、これらの機能を使ってどこまで他のパワーメーターと差別化できるか、今後のシマノからの発表に注目したいところです。

duraace03

画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=1w61eXqO-sE

リアディレイラーはシャドウテクノロジー採用?

duraace08

画像出典:shomano

次の注目はリアディレイラーでしょうか。今回の新型デュラエースR9100のリアディレイラーは「シャドウテクノロジー」を採用しています。シャドウテクノロジーとは一体何でしょうか・・・?

もともとシャドウテクノロジーを採用したリアディレイラーはマウンテンバイクで多く採用されていました。

簡単に言うと、内側(ホイール方面)に曲がっていて、外側にはみ出しを少なくした設計方法です。この外側へのはみ出しを少なくした設計によって、外部の岩や他のロードバイクへの接触リスクを減らし、更に空気抵抗も減らすことを目的としています。元のマウンテンバイク界での採用目的は前者の接触リスク低減という目的が大きいでしょう。

duraace02

画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=1w61eXqO-sE

2017/9/16インプレ記事追加

ようやくR9100デュラエースに切り替えました。
→インプレ記事はコチラから

ホイールデザインが刷新

デュラエースのホイールラインナップとデザインが完全リニューアルされました。

ディープリムモデルでは、これまでリムハイト35mm(C35)、50mm(C50)、75mm(C75)の3ラインナップでしたが、今回から40mm(C40)、 60mm(C60)の2ラインナップとなりました。リム幅は28mmのワイドリム採用。フルカーボンモデルはありません。

duraace09

画像出典:shomano

また、デザインもかなり落ち着いたデザインになりました・・・。シンプルなデザインが好きな人にはグッドニュースですね。

ホイールラインナップ

  • WH-R9100-C40 リムブレーキ、カーボンラミネートリム、クリンチャー
  • WH-R9100-C40 リムブレーキ、フルカーボンリム、チューブラー
  • WH-R9170-C40 センターロックディスク、12mmE-THRU、フルカーボンリム、チューブレス
  • WH-R9170-C40 センターロックディスク、12mmE-THRU、フルカーボンリム、チューブラー
  • WH-R9100-C60 リムブレーキ、カーボン/アルミコンポジットリム、クリンチャー
  • WH-R9100-C60 リムブレーキ、フルカーボンリム、チューブラー
  • WH-R9170-C60 センターロックディスク、12mmE-THRU、フルカーボンリム、チューブレス
  • WH-R9170-C60 センターロックディスク、12mmE-THRU、フルカーボンリム、チューブラー
  • WH-R9100-C24 リムブレーキ、カーボンラミネートリム、クリンチャー

いずれも価格未定

新デュラエースR9100関連動画

全2017年新型デュラエースR9100の情報は色々と出回っているので、その他のパーツについては他サイト様でも確認することができると思います。
なのでここではあまり見る機会も少ないかもしれない、海外のデュラエース関連動画を載せておきます。実際のロードバイクに装備された動画等、イメージがつかみやすいかもしれません。


発売は2016年末と2017年の3回に分けて

duraace01

画像出典:https://www.youtube.com/watch?v=1w61eXqO-sE

2017年新型デュラエースR9100の発売は、ノーマルな機械式が2016年11月、電動が2017年2月の発売予定。そしてディスクブレーキ関連は2017年春発売予定となっています。 年末が待ち遠しいですね~。
今年末あたり冬のボーナスでコンポーネントを一新しようと思っている方や、105→デュラエースにグレードを上げようと思っている方にはちょうどいい機会でしょう!

2016/10/1追記

Wiggleで発売開始されていました。
コチラから

また、Amazonでも取扱い開始となりました。
コチラ

ただ、やはり海外通販の方が基本的には安いですねー。

旧モデルがかなりお得

また、新モデル発売に伴い、コチラの現行モデル(所謂9000系)の安売りセールや在庫処分セールなども実店舗や通販サイトで行われることでしょう。これはほぼ間違いないかと思います。 意外とそこもねらい目だったりします。

2017/9/16インプレ記事追加

ようやくR9100デュラエースに切り替えました。
→インプレ記事はコチラから

このエントリーをはてなブックマークに追加

■関連記事

パーツ購入時には必ず海外通販サイトで価格チェック!

Aamazonや楽天でパーツを購入する前に、以下2つの海外通販サイトで同じ商品の価格をチェックしましょう! 海外製のパーツであれば国内で購入するより10%~20%安い場合があります。この2つのサイトが海外通販においては最安値である場合が多いです。

Wiggle

サイクリングエクスプレス

チェーンリアクションサイクルズ

Copyright(c) 2015 ロードバイク徹底比較.com All Rights Reserved. | サイト管理者:Atsu : お問合せはコチラ